関東キャンプ場紹介 当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【大迫力の富士山と精進湖の絶景キャンプ場】精進レークサイドキャンプ場(山梨県)

今回のキャンプ場紹介は、山梨県富士河口湖町にある『精進レークサイドキャンプ場

2022年11月にオープンした新しいキャンプ場で、富士山と精進湖が一望できる絶景が魅力です。

サイト数は全部で9区画と大きいキャンプ場ではありませんが、その分静かにのんびり過ごすことができます。

この記事を読むことで、精進レイクサイドキャンプ場の

  • 利用料金などの基本情報
  • 場内の施設や大まかな配置
  • 魅力や注意点

を知ることができます。

精進レークサイドキャンプ場の基本情報

都心からは渋滞がなければ約2時間ほどで行きやすい距離ですが、渋滞がひどいと4時間くらいかかります。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町精進255
営業期間 通年営業
チェックイン 13:00〜16:00
チェックアウト 〜11:00
電話番号 0555-87-2211
予約方法 なっぷから予約
利用料金 月〜木曜日:4,000円~(1区画1泊)
金、日曜日:6,000円〜(1区画1泊)
土、祝日:8,000円〜(1区画1泊)
年末年始、GW:1,2000円〜(1区画1泊)
ソロサイトは平日2,000円〜
公式HP 精進レークサイドキャンプ場公式HP

精進レークサイドキャンプ場の魅力

富士山と精進湖が一望できる最高のロケーション

精進レークサイドキャンプ場一番の魅力は、なんといっても目の前に広がる富士山精進湖の絶景。

富士山と精進湖が一望できる最高のロケーション

精進湖ならではの子抱き富士と湖の景色だけでも最高ですが、風が穏やかな天気の良い日には逆さ富士まで堪能することができます。

精進湖ならではの子抱き富士と精進湖の逆さ富士

夕焼けに染まる富士山と、精進湖に映る逆さ富士はとても素敵でした。

夕焼けに染まる富士山と、精進湖に映る逆さ富士

日没にはフュアーハンドランタンの灯りとともに。

フュアーハンドランタンの灯りと富士山と精進湖

朝焼けは焚き火とともに。

朝焼けの富士山と精進湖と焚き火

時間とともに移り変わる景色を1日中楽しむことができますよ。

写真を上手に撮ることはできませんでしたが、夜は星もきれいに見えました。

併設されたホテルの設備も利用可能

精進レークサイドキャンプ場は、精進レークホテルに併設されたキャンプ場。

精進レークサイドキャンプ場は、精進レークホテルに併設されたキャンプ場。

キャンプ場利用者もホテルの設備を使うことができます。

富士山と精進湖を眺められる大浴場露天風呂

富士山と精進湖を眺められる大浴場 富士山と精進湖を眺められる露天風呂
お風呂の利用可能時間は13時〜21時まで。

夏は涼しく冬は暖かいホテルのラウンジ。

お風呂上がりや、ちょっと休憩したいときなどに利用できます。

精進レークホテルのラウンジ。 精進レークホテルのラウンジ。

温水洗浄便座付きのきれいなトイレも利用可能。

精進レークホテルのトイレ

いざというときはホテルの設備も利用できるので、キャンプ初心者や初めての冬キャンプにもおすすめのキャンプ場です。

キャンプ場の設備もきれい

精進レークサイドキャンプ場は2022年11月にオープンした新しいキャンプ場。

先ほどホテルのトイレがきれいと紹介しましたが、キャンプ場のトイレや炊事場などの設備もきれいなので安心して使用することができますよ。

精進レークサイドキャンプ場の注意点

キャンプサイトへの車の乗り入れは不可

精進レークサイドキャンプ場はオートキャンプ場ではないので、キャンプサイトへの車の乗り入れは不可

受付時に駐車スペースまで案内してもらえるので、所定の位置に車を止めてキャンプサイトまで荷物を運びます。

精進レークサイドキャンプ場の駐車場

駐車場からキャンプサイトまでは階段

駐車場からキャンプサイトまでの移動は階段になっています。

駐車場からキャンプサイトまでは階段 駐車場からキャンプサイトまでは階段

階段は30段ほどなのでそこまで長くはありませんが、何往復もするとなると結構大変。

荷物が多い方は大きめのバックパックや、ボックスなどに収納していった方が運搬しやすいです。

夜間の移動に注意

夜間の移動に注意

精進レークサイドキャンプ場の設備はすべて階段の上にあります。

精進レークサイドキャンプ場の夜の階段

日中の移動は問題ありませんが、夜間はライトが設置されているとはいえ足元が見づらい場所もあります。

日が落ちてからの移動には、持ち運びやすい小型のランタンがあると便利です。

精進レークサイドキャンプ場のキャンプサイト

精進レークサイドキャンプ場のキャンプサイト(引用:精進レークサイドキャンプ場公式HP

キャンプサイトは湖畔に沿って全部で9区画

ロープで区切られた区画サイトになっています。

精進レークサイドキャンプ場のキャンプサイト

サイトの大きさは区画によって変わりますが、3.5m×5.5mのソロサイトから5m×9mと大きめのサイトまであるので大型テントまで対応可能です。

精進レークサイドキャンプ場のキャンプサイト

F、G、Sサイトは階段から近く利便性の高いエリアですが、手前の木で富士山が少し隠れてしまいます。

精進レークサイドキャンプ場のSサイトからの富士山

階段から離れたKサイトの方が富士山はきれいに見えますが、階段から離れるほど荷物の運搬は大変になります。

精進レークサイドキャンプ場のKサイトからの富士山

個人的には今回利用させてもらったEサイトが、利便性と眺望のバランスの良いおすすめサイトです。

5m×9mとサイトも広く、左側は隣のFサイトと離れていているのも◎。

精進レークサイドキャンプ場のEサイトからの富士山

精進レークサイドキャンプ場の設備

受付(精進レークホテル)

受付は精進レークホテルのフロントで行います。

精進レークサイドキャンプ場の受付

フロントではアルコールやインスタントラーメン、冷凍食品などが販売されています。

フロントではアルコールやインスタントラーメン、冷凍食品などが販売されています。

支払いは各種クレジットカードやPayPayも使用可能で、営業時間は7時〜21時まで。

トイレ

キャンプ場のトイレも温水洗浄便座付きで驚くほどきれいです。

男女別になっているのも嬉しいポイント。

精進レークサイドキャンプ場のトイレ

このあと紹介する洗い場、シャワールームもトイレと同じ区画に1箇所にまとまっています。

精進レークサイドキャンプ場のトイレ、シャワールーム、洗い場

洗い場

洗い場はお湯が使えて寒い時期のキャンプにも優しい仕様になっています。

精進レークサイドキャンプ場の洗い場

上の写真のものが二個設置されています。

冬季は凍結防止のため、バルブを完全に止めないように注意。

冬季はお湯も出しっぱなしにするので、一定時間経過すると給湯器がオフになってしまいます。

お湯が出ないときは建物裏のスイッチをオンにすることでお湯が使えるようになります。

精進レークサイドキャンプ場の給湯器

シャワールーム

シャワールームは一回500円で利用可能。

精進レークサイドキャンプ場のシャワールーム

ボディソープやシャンプーも置かれていました。

精進レークサイドキャンプ場のシャワールームにはボディソープやシャンプーも置かれていました。

受付はフロントで行いカードキーで鍵を開けるタイプなので、防犯上も安心して利用することができます。

精進レークサイドキャンプ場のシャワールームはカードキー式 精進レークサイドキャンプ場のシャワールームはカードキー式

灰捨て場・ゴミ捨て場

灰捨て場はホテルの入り口右側に設置されています。

ゴミ捨て場の表記はありませんが、指定の袋に入れて灰捨て場の横に置いてくれたらいいよとのことでした。

ゴミは有料(550円)で捨てることができます。
精進レークサイドキャンプ場の灰捨て場・ゴミ捨て場

灰捨て場は階段の上なので、持ち運びには火消し袋があると便利です。

精進レークサイドキャンプ場の周辺施設

ヤマザキYショップ精進湖店

ヤマザキYショップ精進湖店

キャンプ場近くにあるコンビニ。

炭や薪、ガス缶なども売られているので忘れ物があった時などに便利です。

ヤマザキYショップ精進湖店には薪や炭も置いている

営業時間は6時〜20時まで。

道の駅 なるさわ

道の駅 なるさわ

地元産の野菜やお酒、加工品が豊富な道の駅。

薪や炭、スウェーデントーチなども売られていました。

道の駅 なるさわには薪や炭、スウェーデントーチも売られている

場内には富士山が見える温泉もあります。

道の駅 なるさわには温泉もある

パワーマーケットTAC食品市場 河口湖店

パワーマーケットTAC食品市場 河口湖店

河口湖ICからキャンプ場に向かう道中にあるスーパー。

大きなスーパーではありませんが、お肉、野菜、海鮮などキャンプの食材は一通り揃えることができました。

精進レークサイドキャンプ場 まとめ!

今回は精進レークサイドキャンプ場を紹介させていただきました。

『富士山×湖』のロケーションは洪庵キャンプ場が有名ですが、勝るとも劣らない素晴らしい絶景が広がっていました。

荷物の運搬は階段というデメリットはありますが、サイト数が少なく静かにゆったりと過ごせるのが魅力。

予約が取れない大人気のキャンプ場になる前に、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

秋や冬キャンプの夜は想像以上に冷えるので、防寒対策をお忘れなく。

秋冬キャンプの寒い夜には湯たんぽが最適!おすすめ湯たんぽ5選!!秋や冬キャンプの夜はとても冷えます。キャンプサイトでは焚き火で暖をとれますが、寝る時は想像以上に冷え込むことも。私も初めての冬キャンプは寒くて眠れませんでした。寝る少し前に寝袋の中に入れておけば、最初から温まった状態で眠ることが出来ます。この秋冬でキャンプに行かれる方は、お一つ用意してみてはいかがでしょうか?...
【秋冬キャンプを暖かく快適に】おすすめの難燃チェアカバー5選!寒さと火の粉をガード秋冬キャンプはチェアに座っていると、地面や背中からじんわりと寒さを感じる季節。そして焚き火の暖かさが心地よい季節でもあります。今回はお手持ちのチェアに被せるだけで暖かく、焚き火の火の粉から大切なチェアを守れる『おすすめの難燃チェアカバー5選』を紹介します。...

焚き火時間には脱ぎ履きしやすく暖かいSUBUの難燃サンダルもおすすめです。

【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』『SUBU NANNEN』は、柔らかくてふかふかな履き心地。 サンダルなのに暖かく、難燃素材で火の粉にも強い。焚き火に使える『冬キャンプにおすすめのサンダル』です。秋冬キャンプの寒い夜でもSUBUのサンダルで過ごせば、きっといつもよりリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。...

その他のキャンプ場の記事も書いています。

こちらもよろしければご覧ください。

【甲府盆地の夜景を最前列から一望できる】おそとのてらす南アルプス(山梨県)今回のキャンプ場紹介は、山梨県南アルプス市にある『おそとのてらす南アルプス』2023年にオープンした新しいキャンプ場で、甲府盆地の夜景や朝日と富士山を一望できる絶景が魅力。設備がきれいでスタッフの方も優しい人ばかりなので、初めてのキャンプでも安心のキャンプ場です。...
【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選キャンプ芸人として有名なヒロシさんの冠番組が『ヒロシのぼっちキャンプ』(BS-TBS)ヒロシさんが各地のキャンプ場を訪れて、自由な “ぼっちキャンプ” の魅力を紹介する番組です。今回はロケ地の中で都心からもアクセス良好な千葉県のキャンプ場を紹介していきます。...
【オーシャンビューの景色と波の音】海釣りも楽しめる宇久須キャンプ場(静岡県西伊豆町)今回のキャンプ場紹介は、静岡県西伊豆町にある『宇久須キャンプ場』 キャンプサイトの目の前には全長500mの砂浜と海が広がり、オーシャンビューの景色と波の音を存分に味わうことができます。海水浴や海釣りキャンプを楽しみたい人にぴったりのキャンプ場です。...
【夏でも涼しい渓流と大焚き火が魅力】WOODSMAN CAMPGROUND(山梨県道志村)今回のキャンプ場紹介は、キャンプの聖地と呼ばれる山梨県道志村にある『WOODSMAN CAMPGROUND』2021年にオープンした新しいキャンプ場で、設備がとてもきれいなキャンプ場です。ソロキャンパーからファミリーまで楽しめる、大自然の中にある豊富なキャンプサイトが魅力のキャンプ場です。...
【海の絶景や釣りが格安で楽しめる千葉の穴場】大房岬自然公園キャンプ場(南房総市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県南房総市にある『大房岬自然公園キャンプ場』利用料金はテント1張り630円と格安ながら歩いて行ける海では釣りが楽しめ、展望台からは絶景の夕日を見ることもできる。最低限の設備は整った穴場キャンプ場です。...
【近くの海は日の出の穴場】しおさいキャンプフィールド(南房総市)夏にはプールも!千葉県南房総市にある『しおさいキャンプフィールド』敷地内に併設されたホテルの大浴場やトイレ、夏には屋外プールなどの設備も利用可能な珍しいキャンプ場。キャンプ場から歩いて行ける三島海岸は日の出の穴場スポットで、日中はサーフィンや釣りなども楽しむことができます。...

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
キャンプをクリックで応援頂けたら嬉しいです。

【廃盤から復活!ファイアグリルsoloをレビュー】炭火調理もしやすい小型の焚き火台(UNIFLAME)今回のキャンプギア紹介は、UNIFLAMEの『ファイアグリルsolo』焚き火台の定番商品として親しまれているUNIFLAMEファイアグリルが、形状はそのままにコンパクトになったソロ用の焚き火台です。この記事ではファイアグリルsoloの魅力や気になる点を徹底レビューしていきます。...
イワタニジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー!合わせて使えるおすすめ商品も!キャンプで定番のシングルバーナーといえばイワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』。定番として多くの人に使われるには理由があるということで、今回は実際に約3年使用したジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー。合わせてジュニアコンパクトバーナーがさらに使いやすくなる、おすすめの商品も紹介していきますよ。...
【テーブルでも地面でも使えてコンパクト】パックアウェイランタンスタンドをレビュー(コールマン)今回のキャンプギア紹介は、コールマンの『パックアウェイランタンスタンド』地面にさしてもテーブルに付けても使える2WAY仕様。コンパクトさと汎用性の高さが魅力。この記事ではパックアウェイランタンスタンドのおすすめポイントや、気になる点を徹底レビューしていきます。...
【フュアーハンドランタン276を徹底レビュー】無骨でお洒落なオイルランタンの定番長年にわたり多くのキャンパーに愛用されているオイルランタンといえば『フュアーハンドランタン』私もフュアーハンドランタン276ジンクカラーを愛用していますが、間違いなく買ってよかったキャンプギアの一つです。この記事ではフュアーハンドランタンを徹底レビューしていきます。...
ABOUT ME
かぶぞう
東京在住キャンパー。田舎育ちで小さい頃から川辺での釣りと焚き火、野宿を楽しむ。上京してから自然の中で過ごすことの良さを改めて感じキャンプにハマる。キャンプ歴10年以上。ブログでは関東のキャンプ場とキャンプギアを中心に紹介。スノーピークと高コスパのギア好き。