キャンプ

【海と釣りと絶景が味わえるキャンプ場】お台場海浜庭園キャンプ場(千葉県館山市)

お台場海浜庭園の夕焼けと富士山

晴れた穏やかな日には、対岸に富士山を

遠くの海には1日に500〜600隻の大型船が優雅にすすむ。

沈む夕日に満点の星空が望める、絶景のキャンプ場

しかし運わるく雨や風が強くなると、地獄のような環境に。

そんな地獄を味わっても何度でも行きたくなる『お台場海浜庭園キャンプ場』のご紹介。

都心から車で約2時間とアクセスも良好。

アメトークの『キャンプ芸人』では、とろサーモン村田さんのおすすめとして紹介されていました。

自然や天候には逆らえませんが、この記事を最後まで読んで対策をして、絶景キャンプを堪能しましょう

お台場海浜庭園キャンプ場の基本情報

お台場海浜庭園キャンプ場の基本情報
住所 千葉県館山市洲崎908-22
営業期間 通年営業
チェックイン 13:00
チェックアウト 12:00
電話番号 0470-24-5335(平日9:30〜17:00)
0470-29-0139(現地予約受付)
利用料金 下の表を参照

チェックインの時間

チェックインの時間はHPでは13:00となっています。

しかし現在(2022年12月)は9:30からチェックイン可能でした。

季節や曜日によって違う可能性もあるので、早く入りたい方はお電話での予約時に確認してみると良いでしょう。

利用料金

キャンプ 1テント/1泊
1) フリーサイト 6,000円 6名様まで
(7名様より1人 1,000円/泊)
2) オートサイト(AC電源有) 7,000円 6名様まで
(7名様より1人 1,000円/泊)
3) キャンピングカーサイト(AC電源有) 7,000円 6名様まで
(7名様より 1人 1,000円/泊)
大型(5m以上)の場合8,000円
4) ソロキャンプ 【車】 4,000円 1人用テント
5) ソロキャンプ 【バイク】 2,000円 1人用テント
6) デイキャンプ・磯あそび 3,000円
車ソロ
2,000円
車1台につき6名様迄
7人目より1人500円
車2台目より1台1,000円
(2022.12.1改定)
7) デイキャンプ 【バイク】 1,000円

立地とアクセス

お台場というと東京を思い浮かべますが、お台場海浜庭園キャンプ場は千葉県館山市にあるキャンプ場。

房総半島最西端に位置します。

房総半島最西端の地

房総半島最西端と聞くと遠いと思われるかもしれませんが、都心から車で約2時間とアクセスも良好です。

車やバイクでのアクセス

[東京湾アクアライン] →→ [館山自動車道]へ
木更津JCT ▸▸▸ 富浦IC(終点) ▸▸▸ 館山方面へ

[湾岸道路・京葉道路] →→ [館山自動車道]へ
宮野木JCT ▸▸▸木更津JCT▸▸▸ 富浦IC(終点)▸▸▸ 館山方面へ

富浦ICからは約30分

下の図は東京駅からのアクセスです。

出発時間や混み具合により、どちらが早いかは変わってきます。

当日の渋滞状況に合わせて選ぶと良いでしょう。

高速バスでのアクセス

[JR高速バス/房総なのはな号] →→ [JR路線バス/洲ノ崎線・フラワー号]へ
東京駅 ▸▸ 約100分 ▸▸ 館山駅 …館山駅 ▸▸ 約20分 ▸▸ 洲ノ崎灯台前下車…徒歩5分

電車でのアクセス

[JR総武線] →→ [JR内房線]…[JR路線バス/洲ノ崎線・フラワー号]へ
東京駅 ▸▸▸君津 ▸▸▸館山駅…館山駅 ▸▸ 約20分 ▸▸ 洲ノ崎灯台前下車…徒歩5分

ご利用の流れ

Googleマップで現地入り口付近まで行くと、キャンプ場スタッフの方がいて案内してくれます。(たまにいない時もあります)

いない時は左側奥の白い小屋が受付になっているので、受付で声をかけましょう。

受付で必要事項を記入して、料金をお支払い。

駐車証明書をもらったら受付完了です。

全面フリーサイトになっているので、気に入った場所に設営が可能

トイレや洗い場の近くが人気で、早い時間から埋まっていきます。

利便性重視の方は、早めのチェックインがおすすめ。

海の近くは比較的空いていることが多く、景色を見ながらキャンプができるのでおすすめです。

混み具合は?

お台場海浜庭園キャンプ場のHPで予約状況を確認することができます。

予約ができるか確認するためのカレンダーですが、前日の夜に確認することでキャンプ当日の混み具合がわかります。

グリーンまでは余裕をもって設営可能。

イエローやレッドのときは、かなり人が多い印象です。

遅い時間に行くと設営場所を探すのに苦労するので、早めのチェックインがおすすめ。

設営後は出入り自由なので早い時間に入り設営をした後は

  • キャンプ場でゆっくりする
  • 近くの海で釣りをする
  • 館山市内を散策する

さまざまな楽しみ方ができるので、早く行っても時間を持てあますことはないでしょう。

お台場海浜庭園キャンプ場の魅力

海に沈むきれいな夕日

お台場海浜庭園の海に沈むきれいな夕日

海に沈む夕日をただ眺める。

時間の流れがゆっくり感じられ、とても贅沢な時間を過ごすことができます。

日常の些細な出来事も、ちっぽけに感じられることでしょう。

対岸には富士山

お台場海浜庭園の夕焼けと富士山

近くで見る富士山はもちろんとてもきれいです。

しかし海の向こうの富士山も、なんとも言えない趣があります。

海には大型船が通り、時間の経過とともに変わる空の色。

何度でも味わいたい景色の一つです。

夜はきれいな星と灯台の灯りに癒される

夜はきれいな星と灯台の灯りに癒される

写真では伝わりづらいですが、夜はとても星がきれいです。

また近くに洲崎灯台があり、海の安全を守る光が一定のペースで夜を照らします。

そんな二つの輝きが、キャンプの夜を彩ってくれます。

お台場海浜庭園内の海で釣りが出来る

お台場海浜庭園内の海で釣りが出来る

お台場海浜庭園は1000円で24時間利用できる釣りスポット。

近くの海では、いつも誰かが釣りをしています。

キャンプ場利用者は、キャンプ料金のみで釣りを楽しむことが出来ます

海釣りキャンプを楽しみたい方には抜群の立地です。

トイレ、洗い場がきれいでお湯が使える

トイレ、洗い場がきれいでお湯が使える トイレ、洗い場がきれいでお湯が使える

見ていただいてわかるように、キャンプ場のトイレとは思えないほどきれいです。

洗い場は全ての水道でお湯が使えるので、寒い時期のキャンプにも優しい仕様になっています。

自動販売機

自動販売機

いざという時にあると嬉しいのが自動販売機。

トイレや洗い場の近くに、一つ設置されています。

寒い時期にはホットもおいていました。

お台場海浜庭園キャンプ場の注意点

台風のような強風に注意

台風のような強風に注意

お台場海浜庭園キャンプ場は海沿いのキャンプ場。

風を遮るものはいっさいありません。

写真は台風のときのものですが、晴れた日でも台風並みの強風になることも

日中は穏やかだったのに、夜から風が強くなることもあります。

風でシートやテントが飛ばされないように、念入りに設営しましょう

キャンプサイトに飛びそうなものを置いておくと、寝てる間に強風になり飛ばされてしまう可能性も。

飛びそうなものは就寝前に片付けておくと安心です。

ペグを打つのも抜くのも大変な硬い地面

ペグを打つのも抜くのも大変な硬い地面

お台場海浜庭園キャンプ場の地面は、土、岩盤、砂利でかなり硬く、弱いペグだと地面に負けてしまいます。

また撤収時にペグを抜くときも、なかなか抜けません。

スムーズな設営撤収のためには、強度のあるペグ、ペグハンマーは必須

準備してからキャンプに向かいましょう。

お台場海浜庭園におすすめのペグとペグハンマー

キャンプ猫に御用心

キャンプ猫に御用心

お台場海浜庭園キャンプ場には、キャンプ猫がたくさんいます。

とてもかわいいのですが、油断は禁物。

キャンプをしていると食料を狙って近寄ってきます。

トイレに行くときや就寝時に、食料やゴミを出っぱなしにしておくと荒らされてしまう可能性も。

キャンプサイトを離れるときは、クーラーボックスやコンテナに食材をしまうなどの対策をしておくと安心です。

トイレ、洗い場は一箇所

トイレ、洗い場は一箇所

とてもきれいなトイレや洗い場ですが、1箇所にしかありません。

サイトの場所によってはかなり距離があります。

夜間は通路に明かりがなく真っ暗になるので、ヘッドライトや持ち運びのできるライトは必須です。

移動時におすすめのライト


直火は禁止、強風にも注意。

直火は禁止、強風にも注意。

直火での焚き火は禁止です。

焚き火をするときは、かならず焚き火台を使用しましょう。

強風時は舞い上がる火の粉にも注意が必要です。

近くのキャンパーや安全に配慮して、焚き火を楽しみましょう。

ゴミはできる限り持ち帰ろう

お台場海浜庭園でのゴミ出しは原則禁止となっています。

できる限り持ち帰るようにしましょう。

やむを得ない場合は、受付で専用のゴミ袋を購入することで捨てることができます。

その際はしっかりとした分別を行いましょう。

お台場海浜庭園キャンプ場の周辺施設

房総の駅 とみうら

房総の駅 とみうら

回転寿司や海鮮丼、浜焼き、焼きたてパンと挽きたてコーヒーまで堪能できる人気の施設。

おさかなセンターではキャンプの食材として、新鮮な海の幸や野菜を調達することができます。

さらに店頭では薪の販売もしています。

イオンタウン館山

お台場海浜庭園に向かう道中にある便利な買い出しスポットが、『イオンタウン館山

スーパーだけでなく、ダイソー、ニトリ、ヤマダ電機、スポーツアルペンなど多くの店舗が併設されたショッピングモール。

スポーツアルペンには小さいながらキャンプ用品のコーナーも。

万が一忘れ物をしても、一通り必要なものは全て揃えることができます。

海釣り体験@レンタル釣竿サービス まるへい遊び隊

海釣り体験@レンタル釣竿サービス まるへい遊び隊

釣りはしたいけど道具がない。

そんな人におすすめの施設が『まるへい遊び隊

道具の使い方から、釣りポイントまで教えてくれるので釣り初心者でも安心

海釣り体験@レンタル釣竿サービス まるへい遊び隊で釣り

釣りが初めての友人でも、すぐに釣ることができました。

釣った魚を調理してくれる嬉しいサービスもあり。

帰り道には南総城山温泉『里見の湯』

帰り道には南総城山温泉『里見の湯』

キャンプの帰り道といえば温泉。

ゆとりのあるゆったりサイズの湯船に、寝ころび湯などのユニークな設備も。

寝転び湯はキャンプの疲れを癒すのにぴったりです。

お台場海浜庭園キャンプ場まとめ!

今回はお台場海浜庭園キャンプ場の魅力や注意点、周辺施設まで紹介させて頂きました。

硬い地面強風。決してキャンプ初心者に優しいキャンプ場とはいえません。

風が強い日に倒れるタープを何度か見ています。

しかし何度でも味わいたくなる絶景がそこにはあります。

落ち着いたキャンプになるかどうかは天候次第ですが、どんな天気でも思い出に深く刻まれることは間違いなし。

記憶に残る海キャンプがしたい方は、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関東近郊のおすすめキャンプ場
【都心からもアクセス良好】千葉県で予約不要(当日予約も可)のキャンプ場5選千葉県にキャンプ場はたくさんあるのですが、その多くは予約が必要になっています。しかし予約不要でなくても、当日予約でキャンプに行ければOK。ということで今回は予約不要のキャンプ場、実際に当日でも予約が取れたキャンプ場を紹介していきます。...
【直火OKで自分で作れば薪も無料】公式サイトもない千葉の穴場!勝古沢(かっこざわ)キャンプ場今回のキャンプ場紹介は、千葉県長柄町にある『勝古沢(かっこざわ)キャンプ場』今では珍しい直火OKのキャンプ場で、自分で薪を作ることも出来ます。都心から車で約1時間とアクセスも良好。公式サイトもないキャンプ場でしたが、まさに穴場と言えるリピート確定のキャンプ場でした。...
【都心から90分で豊かな自然】予約不要のフリーサイト!滝沢園キャンプ場(神奈川県)
【予約不要のフリーサイト】滝沢園キャンプ場(神奈川県)アーリーチェックインも!皆さん前日や当日に、キャンプに行きたくなったことはありませんか? 今回はそんな時にぴったりのキャンプ場『滝沢園キャンプ場』をご紹介。予約不要のフリーサイト。リーズナブルな利用料金。都心からのアクセスも良好。キャンプ芸人のレジェンド、ヒロシさんも利用すると噂のキャンプ場です。...
【きれいな星空と流れ星】キャンプサイトから電車も見れる八ヶ岳オートキャンプ場(山梨県)
【きれいな星空と流れ星】キャンプサイトから電車も見れる八ヶ岳オートキャンプ場(山梨県)静かなキャンプ場で星を眺めながらゆっくりしたい。そんな方におすすめのキャンプ場『八ヶ岳オートキャンプ場』のご紹介。キャンプサイトから電車を見ることができる、珍しいキャンプ場でもあります。冬季は営業していないので注意が必要です。...
キャンプ道具の片付けにも便利な無料のデイキャンプ場
【予約不要で無料】焚き火もBBQも出来るデイキャンプ場!利根川ゆうゆう公園(千葉)
【予約不要で無料】焚き火もBBQもできる!利根川ゆうゆう公園デイキャンプ場(千葉)都心からのアクセス約1時間半。予約不要で無料の焚き火、BBQも可能なデイキャンプ場利根川ゆうゆう公園デイキャンプ広場のご紹介。ソロにもファミリーにもおすすめのキャンプ場です。皆さんでルールとマナーを守りデイキャンプを楽しみましょう。...
【予約不要で無料】焚き火もBBQも出来るデイキャンプ場!中川やしおフラワーパーク(埼玉)
【予約不要で無料】焚き火もBBQもできるデイキャンプ場!中川やしおフラワーパーク(埼玉)皆さんは急に焚き火やBBQがしたくなった事はありませんか?自然の中でゆっくりと過ごす時間はとても贅沢に感じます。今回は予約不要でしかも無料!焚き火やBBQまで楽しめる『中川やしおフラワーパーク遊びの広場』のご紹介です。...

日本ブログ村に登録しました。キャンプをクリックで応援頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
秋冬キャンプの寒い夜には湯たんぽが最適!おすすめ湯たんぽ5選!!秋や冬キャンプの夜はとても冷えます。キャンプサイトでは焚き火で暖をとれますが、寝る時は想像以上に冷え込むことも。私も初めての冬キャンプは寒くて眠れませんでした。寝る少し前に寝袋の中に入れておけば、最初から温まった状態で眠ることが出来ます。この秋冬でキャンプに行かれる方は、お一つ用意してみてはいかがでしょうか?...
【ワークマン2022年新型(防炎)キャンパーモックレビュー】冬キャンプにもおすすめ?
【ワークマン2022年新型(防炎)キャンパーモックレビュー】冬キャンプにもおすすめ?2021年に発売され大人気のワークマンの防炎キャンパーモックが2022年リニューアル発売されました。今回は『新旧モデルの違い』『性能と魅力』実際に履いて感じた『良い点』『気になる点』冬キャンプに使えるかを検証していきます。...
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』『SUBU NANNEN』は、柔らかくてふかふかな履き心地。 サンダルなのに暖かく、難燃素材で火の粉にも強い。焚き火に使える『冬キャンプにおすすめのサンダル』です。秋冬キャンプの寒い夜でもSUBUのサンダルで過ごせば、きっといつもよりリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。...
【キャンプに持っていきたい】おすすめスパイス&調味料
【キャンプに持っていきたい】おすすめスパイス&調味料キャンプの楽しみといえばお酒と食事。そんな方も多いのではないでしょうか。キャンプで料理をするのも楽しいですね。肉、海鮮、野菜など、好きなものは人それぞれですが、その全てを美味しく彩るもの。それは『調味料とスパイス』今回は日常から調味料好きキャンパーの、『こだわりの調味料、スパイスボックスの中身を公開』していきます。...
【2022年最新版】ふるさと納税で買えるスノーピーク!おすすめキャンプ用品19選!あなたはふるさと納税はしていますか?実質負担2000円で「嬉しい返礼品」がもらえて「節税」にもなるお得な制度。の中から筆者が実際に使っている商品や、現在購入しようと考えている商品含め、おすすめのキャンプ用品(スノーピーク製品)を紹介していきます。...
2023年最新版【5000円以下で買える】おすすめスノーピークギア7選スノーピーク好きのキャンパーが、キャンプサイトにあるとテンションの上がる実際に愛用しているギアです。スノーピーク製品は値がはる物が多いですが今回は5000円以下のスノーピークギアをまとめてみました。次のキャンプに向けてお気に入りに加えてみてはいかがでしょうか?...
ABOUT ME
株ZO
30代会社員投資家。20代の頃は会社員をしながらパチスロで1000万以上の利益を手にしたが全て使い切る。30代このままじゃまずいと思い立ち資産形成を始めサイドFIREを目指す。趣味は旅行やキャンプ等のアウトドア。