関東キャンプ場紹介 当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【都心からもアクセス良好】千葉県で予約不要(当日予約も可)のキャンプ場7選

急に時間が空いたのでキャンプに行きたい。

そんなときに苦労するのが、キャンプ場探しではないでしょうか。

千葉県にキャンプ場はたくさんあるのですが、その多くは予約が必要になっています。

千葉県で予約不要のキャンプ場は、なかなか見つかりません。

しかしそこは発想の転換。

予約不要でなくても、当日予約でキャンプに行ければOK。

ということで今回は予約不要のキャンプ場、実際に当日でも予約が取れたキャンプ場を紹介していきます。

千葉県で当日予約ができたキャンプ場

お台場海浜庭園キャンプ場

お台場海浜庭園キャンプ場の基本情報

千葉県館山市にある海のキャンプ場。

アメトークの『キャンプ芸人』でも、おすすめのキャンプ場として紹介されていました。

晴れた日は対岸に富士山が見える、夕日がとてもきれいなキャンプ場です。

お台場海浜庭園の夕焼けと富士山

全面フリーサイトになっていて、近くの海では釣りも楽しめます。

住所 千葉県館山市洲崎908-22
営業期間 通年営業
チェックイン 13:00
チェックアウト 12:00
電話番号 0470-24-5335(平日9:30〜17:00)
0470-29-0139(現地予約受付)
利用料金 下の表を参照
キャンプ 1テント/1泊
1) フリーサイト 6,000円 6名様まで
(7名様より1人 1,000円/泊)
2) オートサイト(AC電源有) 7,000円 6名様まで
(7名様より1人 1,000円/泊)
3) キャンピングカーサイト(AC電源有) 7,000円 6名様まで
(7名様より 1人 1,000円/泊)
大型(5m以上)の場合8,000円
4) ソロキャンプ 【車】 4,000円 1人用テント
5) ソロキャンプ 【バイク】 2,000円 1人用テント
6) デイキャンプ・磯あそび 3,000円
車ソロ
2,000円
車1台につき6名様迄
7人目より1人500円
車2台目より1台1,000円
(2022.12.1改定)
7) デイキャンプ 【バイク】 1,000円

お台場海浜庭園キャンプ場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

お台場海浜庭園の夕焼けと富士山
【海と釣りと絶景が味わえるキャンプ場】お台場海浜庭園キャンプ場(千葉県館山市)晴れた穏やかな日には対岸に富士山を。沈む夕日に満点の星空が望める、絶景のキャンプ場。しかし運わるく雨、風が強くなると地獄のような環境に。そんな地獄を味わっても何度でも行きたくなる『お台場海浜庭園キャンプ場』のご紹介。都心から車で約2時間とアクセスも良好。...

公式HPで予約状況が確認できるので、レッドでなければ電話してみる価値ありです。

お台場海浜庭園の公式HPはこちら

勝古沢キャンプ場

勝古沢キャンプ場受付

千葉県長柄町にある、林間のキャンプ場。

自分で作れば薪が無料

今では珍しい直火での焚き火も楽しめるキャンプ場で、ヒロシのぼっちキャンプのロケ地にもなっています。

林間サイトのフリーサイトは車の乗り入れ不可。

勝古沢キャンプ場(メインキャンプ場)フリーサイト③その2

受付近くの一部がオートサイトになっています。

勝古沢キャンプ場オートサイト

冬場ですが三連休の中日でも予約が取れました。

公式サイトもない穴場キャンプ場です。

住所 千葉県長生郡長柄町山之郷21-2
営業期間 通年営業(火曜日は定休日)
チェックイン 13:00
アーリーチェックイン 10:00(1名につき+500円)
チェックアウト 11:00
レイトチェックアウト 17:00(火曜日、繁忙期は不可)
場内受付営業時間 9:00〜19:00
電話番号 0475-35-3629
090-2413-8883
予約方法 電話
予約受付時間 9:00〜17:00(時間厳守)
利用料金 大人1人:1,000円 子供1人:500円
テント一張:ソロ2,000円
ファミリー(2~3人)3,000円
ファミリー(4~5人)4,000円
ファミリー(6人以上)5,000円
バンガロー小:7,000円
バンガロー大(15名)15,000円
タープ:1,500円
ハンモック:2,000円

勝古沢キャンプ場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【直火OKで自分で作れば薪も無料】公式サイトもない千葉の穴場!勝古沢(かっこざわ)キャンプ場今回のキャンプ場紹介は、千葉県長柄町にある『勝古沢(かっこざわ)キャンプ場』今では珍しい直火OKのキャンプ場で、自分で薪を作ることも出来ます。都心から車で約1時間とアクセスも良好。公式サイトもないキャンプ場でしたが、まさに穴場と言えるリピート確定のキャンプ場でした。...

【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選

【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選キャンプ芸人として有名なヒロシさんの冠番組が『ヒロシのぼっちキャンプ』(BS-TBS)ヒロシさんが各地のキャンプ場を訪れて、自由な “ぼっちキャンプ” の魅力を紹介する番組です。今回はロケ地の中で都心からもアクセス良好な千葉県のキャンプ場を紹介していきます。...

ホウリーウッズ久留里キャンプ村

千葉県君津市にある、林間サイトが素敵なキャンプ場。

撮影のロケ地にも使われるほど、景色がきれいな林間サイト。

夜は満点の星空がとてもきれいなキャンプ場でした。

住所 〒292-0433 千葉県君津市芋窪282
営業期間 通年営業
チェックイン 13:00
アーリーチェックイン 9:00(別途費用)
チェックアウト 11:00
レイトチェックアウト 16:00(別途費用)
電話番号 090-1817-8269
予約方法 メール(3ヶ月前から受付)
当日のみ電話
利用料金 6,500円〜
ソロ4,000円〜

ホウリーウッズ久留里キャンプ村についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【景色と星空がきれいな林間サイト】ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県君津市にある『ホウリーウッズ久留里キャンプ村』撮影のロケ地にも使われるほど、景色がきれいな林間サイト。都心からのアクセスも良好。(約90分)夜は満点の星空がとてもきれいなキャンプ場でした。...

公式HPで空き状況が確認できるので、休や✖️でなければ電話してみる価値ありです。

ホーリーウッズ久留里キャンプ村の公式HPはこちら

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

千葉県成田市にある、ファミリーにおすすめのキャンプ場。

広大な敷地と、春には桜がきれいなキャンプ場です。

住所 〒289-0111 千葉県成田市名木730
営業期間 通年営業
チェックイン 9:30
チェックアウト 17:00
電話番号 0476-96-1001
予約方法 HPからネット予約
当日は電話
予約開始日 予約月の2ヶ月前の1日9:30〜
(例:5月の予約⇨3月1日9:30〜)
サイト 一般フリーサイト(オートサイト)
電源区画サイト(オートサイト)
利用料金 大人:2,100円 子供:1,050円
普通車:1,400円 二輪車:800円
GWなど3連休以上となる日程は特別料金体系
詳しくは公式HPを参照
公式HP 成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場HP

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【広大な敷地の芝生サイトが魅力】成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県成田市にある『成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場』。キャンプ場名からも分かるように、牧場が併設されたお子さん連れのファミリーに人気のキャンプ場です。利用者のマナーが気になる出来事もありましたが個人的にはもう一度行きたいキャンプ場です。...

公式HPで空き状況が確認できるので、翌日も含めて空きがあれば電話してみる価値ありです。

チェックアウトが翌日17時なので、翌日まで空きがないと予約はできません

夏季のみ予約不要のキャンプ場

多田良北浜海岸キャンプ場

(引用:南房総市観光協会HP

千葉県南房総市にある海沿いのキャンプ場。

GWと夏季のみ営業のキャンプ場。

2022年GWは完全予約制、夏季は予約不要(現地受付)での営業でした。

遠浅の海と、美しい景観のキャンプ場で海水浴も楽しめます。

最新の営業期間については南房総市観光協会HPをご確認ください。

焚き火もできる予約不要のデイキャンプ場

利根川ゆうゆう公園デイキャンプ場

利根川ゆうゆう公園デイキャンプ場

千葉県我孫子市にあるデイキャンプ場。

利根川の河川敷にある、広大な敷地面積のデイキャンプ場。

泊まりでなくても『焚き火ができればOK』という方におすすめ。

利用料金が無料で駐車場も約50台完備。

住所 〒270-1113 千葉県我孫子市江蔵地
営業期間 通年営業
利用時間 8:30〜17:00まで
利用料金 無料
面積 約2ヘクタール
設備 水飲み・洗い場・トイレ
駐車場 約50台(無料)

利根川ゆうゆう公園についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【予約不要で無料】焚き火もBBQも出来るデイキャンプ場!利根川ゆうゆう公園(千葉)
【予約不要で無料】焚き火もBBQもできる!利根川ゆうゆう公園デイキャンプ場(千葉)都心からのアクセス約1時間半。予約不要で無料の焚き火、BBQも可能なデイキャンプ場利根川ゆうゆう公園デイキャンプ広場のご紹介。ソロにもファミリーにもおすすめのキャンプ場です。皆さんでルールとマナーを守りデイキャンプを楽しみましょう。...

千葉県ではありませんが、都心からアクセス良好のデイキャンプ場をお探しの方は彩湖・道満グリーンパーク(埼玉県戸田市)もおすすめです。

【予約不要で無料】焚き火もできる!彩湖・道満グリーンパーク バーベキュー広場(埼玉)今回のデイキャンプ場紹介は、埼玉県戸田市にある彩湖・道満グリーンパーク バーベキュー広場。予約不要で無料。都心からもアクセス良好で火気の使用もできる、数少ないデイキャンプ場です。ルールとマナーを守りみなさんで楽しく利用したいですね。...

【番外編】都心からアクセス良好の神奈川県キャンプ場

滝沢園キャンプ場

千葉県ではありませんが、予約不要で都心からアクセス良好なので番外編として紹介。

神奈川県秦野市にあるキャンプ場。

フリーサイトは全て予約不要(予約不可)で利用できます。

川沿いのサイトと林間サイトがあり、どちらも直火での焚き火が楽しめるサイトです。

キャンプ芸人のヒロシさんも利用するキャンプ場。

住所 神奈川県秦野市戸川1445
営業期間 通年営業
利用時間 午後1時〜翌朝午前10時まで
フリーサイト料金 1名(大人、子供)1,100円(施設費込み)
駐車料 普通車 1台1,100円

滝沢園キャンプ場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【都心から90分で豊かな自然】予約不要のフリーサイト!滝沢園キャンプ場(神奈川県)
【予約不要のフリーサイト】滝沢園キャンプ場(神奈川県)アーリーチェックインも!皆さん前日や当日に、キャンプに行きたくなったことはありませんか? 今回はそんな時にぴったりのキャンプ場『滝沢園キャンプ場』をご紹介。予約不要のフリーサイト。リーズナブルな利用料金。都心からのアクセスも良好。キャンプ芸人のレジェンド、ヒロシさんも利用すると噂のキャンプ場です。...

滝沢園キャンプ場の公式HPはこちら

千葉県で予約不要(当日予約も可)のキャンプ場まとめ

今回は千葉県で予約不要(当日予約も可)のキャンプ場を紹介させていただきました。

紹介したキャンプ場の数は多くありませんが、それぞれ違った良さがある素敵なキャンプ場です。

当日予約も可のキャンプ場は事前予約もできるので、時間に余裕がある場合は前もっての予約をおすすめします。

当日予約でキャンプに行くことは多々あるので、今後も新しいキャンプ場を見つけたら更新していきます

当日行けるキャンプ場探しの手助けになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

暖かい時期になりキャンプ場は虫も増えてきました。

キャンプに行かれる方は虫除け対策をお忘れなく。

【夏キャンプの虫除け対策は総合力で勝負】虫除けおすすめアイテム7選個人的に夏キャンプで1番気になるのは、とにかく鬱陶しい虫が増えること。虫に刺されてキャンプの楽しさが半減し、夏の思い出が台無し。 そんなことにならないように、今年の夏は虫除け対策の準備をしてからキャンプに出かけましょう。...

夏キャンプに必須の暑さ対策は【夏キャンプを快適に楽しもう】暑さ対策と涼しく過ごすためのおすすめアイテム10選で紹介しています。

【夏キャンプを快適に楽しもう】暑さ対策と涼しく過ごすためのおすすめアイテム10選開放感があり楽しい夏ですが、日中は汗だくになり夜は暑くて寝苦しくキャンプをする上で最も過酷な季節。今回は灼熱の夏キャンプを快適に過ごすための暑さ対策とおすすめアイテム10選を紹介します。しっかり対策をすることで、楽しい夏の思い出を作りましょう。...
【1泊2日のキャンプにハードクーラーは不要?】軽くて保冷力の高いおすすめソフトクーラー7選1泊2日のキャンプの必需品といえばクーラーボックス。夏キャンプでは熱中症や食中毒を防ぐためにも、特に重要なギアの一つです。この記事ではソフトクーラーを使うメリット・デメリットと、おすすめのソフトクーラーボックス7選を紹介します。...
【クーラーボックスの保冷力を長持ちさせる】7つのポイントとおすすめの保冷剤3選夏キャンプを快適に楽しむために必須なのが暑さ対策。その中でも冷たい飲み物の確保や、食材を腐らせないために保冷はとても重要です。この記事ではクーラーボックスの保冷力を長持ちさせるコツを紹介。しっかりと対策をして楽しい夏の思い出を作りましょう。...

キャンプの夜におすすめの焚き火台はこちら。

【すべてのオートキャンパーにおすすめ!】スノーピークの焚き火台を徹底レビュー数ある焚き火台の中でも長きにわたり多くのキャンパーに愛される焚き火台といえばスノーピークの焚き火台。今回はスノーピーク焚き火台のメリット、デメリットをおすすめのLサイズを中心に徹底レビューしていきます。...
【サイズ選びにもう迷わない】スノーピークの焚き火台はLサイズがおすすめの理由を解説スノーピークの焚き火台を購入するときに迷うことは、S、M、Lと豊富なサイズの中からどのサイズを選べばいいか。安い商品ではないので失敗したくないという思いから、私もとても迷いました。この記事ではスノーピークの焚き火台は何故Lサイズがおすすめなのか理由を解説します。...
【廃盤から復活!ファイアグリルsoloをレビュー】炭火調理もしやすい小型の焚き火台(UNIFLAME)今回のキャンプギア紹介は、UNIFLAMEの『ファイアグリルsolo』焚き火台の定番商品として親しまれているUNIFLAMEファイアグリルが、形状はそのままにコンパクトになったソロ用の焚き火台です。この記事ではファイアグリルsoloの魅力や気になる点を徹底レビューしていきます。...
【軽量コンパクトでコスパ最強】Tokyo Camp焚き火台を徹底レビューこの記事ではTokyo Camp焚き火台を実際に使って感じたおすすめポイント、気になる点をつつみ隠さずレビューしていきます。ピコグリルに似た形状で軽量コンパクトにもかかわらず、約3分の1の4,980円(税込)というコスパの良い価格が魅力の焚き火台です。...

今回紹介のキャンプ場とその他おすすめキャンプ場。

【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選キャンプ芸人として有名なヒロシさんの冠番組が『ヒロシのぼっちキャンプ』(BS-TBS)ヒロシさんが各地のキャンプ場を訪れて、自由な “ぼっちキャンプ” の魅力を紹介する番組です。今回はロケ地の中で都心からもアクセス良好な千葉県のキャンプ場を紹介していきます。...
お台場海浜庭園の夕焼けと富士山
【海と釣りと絶景が味わえるキャンプ場】お台場海浜庭園キャンプ場(千葉県館山市)晴れた穏やかな日には対岸に富士山を。沈む夕日に満点の星空が望める、絶景のキャンプ場。しかし運わるく雨、風が強くなると地獄のような環境に。そんな地獄を味わっても何度でも行きたくなる『お台場海浜庭園キャンプ場』のご紹介。都心から車で約2時間とアクセスも良好。...
【直火OKで自分で作れば薪も無料】公式サイトもない千葉の穴場!勝古沢(かっこざわ)キャンプ場今回のキャンプ場紹介は、千葉県長柄町にある『勝古沢(かっこざわ)キャンプ場』今では珍しい直火OKのキャンプ場で、自分で薪を作ることも出来ます。都心から車で約1時間とアクセスも良好。公式サイトもないキャンプ場でしたが、まさに穴場と言えるリピート確定のキャンプ場でした。...
【景色と星空がきれいな林間サイト】ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県君津市にある『ホウリーウッズ久留里キャンプ村』撮影のロケ地にも使われるほど、景色がきれいな林間サイト。都心からのアクセスも良好。(約90分)夜は満点の星空がとてもきれいなキャンプ場でした。...
【予約不要で無料】焚き火もBBQも出来るデイキャンプ場!利根川ゆうゆう公園(千葉)
【予約不要で無料】焚き火もBBQもできる!利根川ゆうゆう公園デイキャンプ場(千葉)都心からのアクセス約1時間半。予約不要で無料の焚き火、BBQも可能なデイキャンプ場利根川ゆうゆう公園デイキャンプ広場のご紹介。ソロにもファミリーにもおすすめのキャンプ場です。皆さんでルールとマナーを守りデイキャンプを楽しみましょう。...
【都心から90分で豊かな自然】予約不要のフリーサイト!滝沢園キャンプ場(神奈川県)
【予約不要のフリーサイト】滝沢園キャンプ場(神奈川県)アーリーチェックインも!皆さん前日や当日に、キャンプに行きたくなったことはありませんか? 今回はそんな時にぴったりのキャンプ場『滝沢園キャンプ場』をご紹介。予約不要のフリーサイト。リーズナブルな利用料金。都心からのアクセスも良好。キャンプ芸人のレジェンド、ヒロシさんも利用すると噂のキャンプ場です。...
【夜には満天の星空】千葉県のサウナ付きキャンプ場タキビレッジ-レポ-(いすみ市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県いすみ市にある『TAKIVILLAGE-LEPO-』(タキビレッジ-レポ-)敷地内にサウナやカフェが併設されたキャンプ場で、晴れた日の夜には満天の星空が広がります。都心からのアクセスも良好(約80分)フリーサイトはソロキャンプに、手ぶらでキャンププランはキャンプ初心者やグループキャンプにおすすめです。...
【大自然の中に遊び心が溢れるキャンプ場】オートキャンプ・フルーツ村(千葉県)ソロにもおすすめ!千葉県君津市にある『オートキャンプ・フルーツ村』大自然の中にある林間サイト、川沿いサイト、草地サイトなど豊富なキャンプサイトが魅力のキャンプ場です。ファミリーを対象としたキャンプ場ですが、キャンプ芸人のヒロシさんも訪れたキャンプ場で、ソロキャンプにもおすすめです。...
【海の絶景や釣りが格安で楽しめる千葉の穴場】大房岬自然公園キャンプ場(南房総市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県南房総市にある『大房岬自然公園キャンプ場』利用料金はテント1張り630円と格安ながら歩いて行ける海では釣りが楽しめ、展望台からは絶景の夕日を見ることもできる。最低限の設備は整った穴場キャンプ場です。...
【竹を自由に使える千葉の穴場】グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県蝦夷郡大多喜町にある『グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場』竹林に囲まれたキャンプ場で、プライベート感のあるサイトが魅力。キャンプ芸人のヒロシさんもロケで訪れたソロにもファミリーにもおすすめのキャンプ場です。...
【夏でも涼しい渓流と大焚き火が魅力】WOODSMAN CAMPGROUND(山梨県道志村)今回のキャンプ場紹介は、キャンプの聖地と呼ばれる山梨県道志村にある『WOODSMAN CAMPGROUND』2021年にオープンした新しいキャンプ場で、設備がとてもきれいなキャンプ場です。ソロキャンパーからファミリーまで楽しめる、大自然の中にある豊富なキャンプサイトが魅力のキャンプ場です。...
【予約不要で無料】焚き火もできる!彩湖・道満グリーンパーク バーベキュー広場(埼玉)今回のデイキャンプ場紹介は、埼玉県戸田市にある彩湖・道満グリーンパーク バーベキュー広場。予約不要で無料。都心からもアクセス良好で火気の使用もできる、数少ないデイキャンプ場です。ルールとマナーを守りみなさんで楽しく利用したいですね。...
【予約不要で無料】東京23区で焚き火もできるデイキャンプ場!大泉さくら運動公園(練馬区)今回のデイキャンプ場紹介は、東京都練馬区にある大泉さくら運動公園。多目的公園内の一部が野外炊事広場としてデイキャンプやBBQが可能なエリアになっています。予約不要で無料、焚き火もできる東京23区では数少ない貴重な施設。ご利用の際はルールやマナーを守って、楽しく使用しましょう。...
【大迫力の富士山と精進湖の絶景キャンプ場】精進レークサイドキャンプ場(山梨県)今回のキャンプ場紹介は、山梨県富士河口湖町にある『精進レークサイドキャンプ場』2022年11月にオープンした新しいキャンプ場で、富士山と精進湖が一望できる絶景が魅力です。サイト数は全部で9区画と大きいキャンプ場ではありませんが、その分静かにのんびり過ごすことができます。...
【甲府盆地の夜景を最前列から一望できる】おそとのてらす南アルプス(山梨県)今回のキャンプ場紹介は、山梨県南アルプス市にある『おそとのてらす南アルプス』2023年にオープンした新しいキャンプ場で、甲府盆地の夜景や朝日と富士山を一望できる絶景が魅力。設備がきれいでスタッフの方も優しい人ばかりなので、初めてのキャンプでも安心のキャンプ場です。...
長瀞キャンプヴィレッジの管理棟(センターハウス)
【リバービューの景観と四季折々の自然が魅力】長瀞キャンプヴィレッジ(埼玉県)今回のキャンプ場紹介は、埼玉県秩父郡にある『長瀞キャンプ場ヴィレッジ』都心からアクセス抜群にもかかわらず、リバービューの景観と四季折々の大自然が魅力。広い区画でゆったりと過ごしたいファミリーキャンパーだけでなく、ソロキャンパーにもおすすめのキャンプ場です。...

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
キャンプをクリックで応援頂けたら嬉しいです。

イワタニジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー!合わせて使えるおすすめ商品も!キャンプで定番のシングルバーナーといえばイワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』。定番として多くの人に使われるには理由があるということで、今回は実際に約3年使用したジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー。合わせてジュニアコンパクトバーナーがさらに使いやすくなる、おすすめの商品も紹介していきますよ。...
【テーブルでも地面でも使えてコンパクト】パックアウェイランタンスタンドをレビュー(コールマン)今回のキャンプギア紹介は、コールマンの『パックアウェイランタンスタンド』地面にさしてもテーブルに付けても使える2WAY仕様。コンパクトさと汎用性の高さが魅力。この記事ではパックアウェイランタンスタンドのおすすめポイントや、気になる点を徹底レビューしていきます。...
【フュアーハンドランタン276を徹底レビュー】無骨でお洒落なオイルランタンの定番長年にわたり多くのキャンパーに愛用されているオイルランタンといえば『フュアーハンドランタン』私もフュアーハンドランタン276ジンクカラーを愛用していますが、間違いなく買ってよかったキャンプギアの一つです。この記事ではフュアーハンドランタンを徹底レビューしていきます。...
ABOUT ME
かぶぞう
東京在住キャンパー。田舎育ちで小さい頃から川辺での釣りと焚き火、野宿を楽しむ。上京してから自然の中で過ごすことの良さを改めて感じキャンプにハマる。キャンプ歴10年以上。ブログでは関東のキャンプ場とキャンプギアを中心に紹介。スノーピークと高コスパのギア好き。