関東キャンプ場紹介 当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【夜には満天の星空】千葉県のサウナ付きキャンプ場タキビレッジ-レポ-(いすみ市)

今回のキャンプ場紹介は、千葉県いすみ市にある『TAKIVILLAGE-LEPO-』(タキビレッジ-レポ-)

敷地内にサウナやカフェが併設されたキャンプ場で、晴れた日の夜には満天の星空が広がります。

都心からのアクセスも良好(約80分)

フリーサイトはソロキャンプに、手ぶらでキャンププランはキャンプ初心者グループキャンプにおすすめです。

この記事を読むことで、タキビレッジ-レポ-の

  • 利用料金などの基本情報
  • 場内の施設や大まかな配置
  • 魅力や注意点

を知ることができます。

TAKIVILLAGE-LEPO-の基本情報

サウナ×キャンプ×カフェ

遊んで働いて整える『田舎の秘密基地』がコンセプトの古民家を活用したアウトドア施設。

住所 千葉県いすみ市作田552
営業期間 通年営業
定休日 平日に不定期で休業
※祝日・春休み・GW・夏休み期間は無休
チェックイン 13:00〜
チェックアウト 〜11:00
電話番号 080-4202-5834
電話受付時間 平日9:00〜18:00
予約方法 なっぷから予約
利用料金 フリーサイト:3,000円〜(1人)
手ぶらキャンプ:8,000円〜(1人)
土日祝のサウナ:3,000円(1人)
キャンプ宿泊者は500円引き
平日のサウナ:貸切予約のみ
金額は人数により変化
(公式HPを参照)
公式HP TAKIVILLAGE-LEPO-公式HP
タキビレッジ-レポ-場内マップ

TAKIVILLAGE-LEPO-の魅力

夜は満天の星空が広がる

タキビレッジ-レポ-は木に囲まれた高台にあるキャンプ場。

他の光があまり入らない環境なこともあり、晴れた日の夜は満天の星空を見ることができます。

タキビレッジ-レポ-の夜は満天の星空が広がる タキビレッジ-レポ-の夜は満天の星空が広がる

写真はiPhone12で撮影したものですが、実際は写真とは比べ物にならない位きれいな星空が広がっています。

静かな環境で星空を眺めたい人におすすめのキャンプ場です。

里山に昇る朝日

星空だけでなく里山に昇る朝日もとても素敵でした。

タキビレッジ-レポ-の里山に昇る朝日

鳥の鳴き声を聞き、朝日が昇るのを眺めながらコーヒーを飲む。

そんな贅沢な過ごし方もおすすめです。

アウトドアサウナ

タキビレッジ-レポ-はアウトドアサウナで整うことができるキャンプ場。

タキビレッジ-レポ-はアウトドアサウナで整うことができるキャンプ場

サウナの中はこんな感じでセルフロウリュもOK。

タキビレッジ-レポ-はアウトドアサウナで整うことができるキャンプ場

夏でもキンキンの地下水掛け流し、ドラム缶と木で作られた水風呂。

タキビレッジ-レポ-はアウトドアサウナで整うことができるキャンプ場

ととのいスペースはインフィニティチェアと、ハンモック。

タキビレッジ-レポ-のととのいスペース

サウナの時間や天気によっては、満点の星空を眺めながらととのう事ができるのはアウトドアサウナならではの魅力

湿度が高くサウナ初心者でも入りやすいサウナです。

カフェ&Bar

タキビレッジ-レポ-では昼間はカフェ、夜にはワンコインBarが営業しています。

タキビレッジ-レポ-のカフェ&Bar

キャンプが好きな人、サウナが好きな人、スタッフの方との交流の場としてもおすすめ。

急な雨に降られたときの避難場所としても使えます。

初心者におすすめの手ぶらでキャンププラン

タキビレッジ-レポ-は道具を持っていない初心者におすすめの、手ぶらでキャンププランが用意されています。

分からないことはスタッフの方が優しく教えてくれる環境なので、初めてでも安心。

テントはコールマンのワンポールテント。

タキビレッジ-レポ-は道具を持っていない初心者におすすめの、手ぶらでキャンププランが用意されています。

焚き火台はユニフレームのファイアグリルでした。

TAKIVILLAGE-LEPO-の注意点

虫除け対策は必須

タキビレッジ-レポ-は木に囲まれたキャンプ場。

タキビレッジ-レポ-は木に囲まれたキャンプ場。

私が行ったのは11月の寒い時期でしたが、まだ少し虫がいました。

特に暖かい時期は虫も増えるので、虫除け対策をしっかりとしてから向かいましょう。

 

【夏キャンプの虫除け対策は総合力で勝負】虫除けおすすめアイテム7選

人によっては飛行機や電車の音が気になる

タキビレッジ-レポ-の上空は、成田行きの飛行機が目視で確認できる距離を通ります。

またキャンプ場近くを、いすみ鉄道というローカル線が通っています。

人によって夜は飛行機の音、朝は電車の音が少しだけ気になるかもしれません。

ローカル線なので本数は少ないです。

寒い時期のレンタルプランは防寒具を持参

初心者におすすめの手ぶらでキャンププランですが、季節や人によってはレンタルの寝袋だけだと寒いかもしれません

寒い時期に利用する場合は、毛布や湯たんぽなどの防寒具を持っていくと安心です。

秋冬キャンプの寒い夜には湯たんぽが最適!おすすめ湯たんぽ5選!!

キャンプサイトへの車の乗り入れは不可

タキビレッジ-レポ-のキャンプサイトはオートサイトではないので、車の乗り入れはできません

駐車場からサイトまでの距離は数十メートルなので、荷物が少なければ気にならない距離です。

荷物が多い方はアウトドアワゴンがあると便利。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト

駐車場前は地面が平らで管理棟にも近い利便性の高いエリア。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト 駐車場前

手ぶらでキャンププランはこちらのスペースを利用します。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト 駐車場前
管理棟が近くにあるので、初めてでも安心です。

フリーサイト

フリーサイトは場所によって趣が変わります。

木に囲まれたプライベート感のあるエリア。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト フリーサイト TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト フリーサイト

田園風景や朝日が素敵なエリア。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト フリーサイト

ハンモック泊もできそうな林間エリア。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト フリーサイト

竹林の前のエリア。

TAKIVILLAGE-LEPO-のキャンプサイト フリーサイト

一口にフリーサイトと言っても、設営場所によって雰囲気が変わります。

歩きながら設営場所を探してみるのがおすすめです。

TAKIVILLAGE-LEPO-へのアクセスと設備

タキビレッジ-レポ-へGoogleマップで向かうと、目印の看板が出てきます。

TAKIVILLAGE-LEPO-の目印の看板

矢印に沿って進むと、駐車場と受付の看板が見えます。

TAKIVILLAGE-LEPO-の目印の看板

左側の駐車場に車を止めて右側の受付(管理棟)へ。

TAKIVILLAGE-LEPO-の駐車場

管理棟

こちらの昔ながらの古民家が管理棟。

TAKIVILLAGE-LEPO-の管理棟

建物の古さとは対照的に、支払いは電子決済に対応。

TAKIVILLAGE-LEPO-は電子決済に対応

ワークスペースも完備。

TAKIVILLAGE-LEPO-のワークスペース

古さと新しさが同居した趣のある空間内では、カフェ&Barも営業しています。

TAKIVILLAGE-LEPO-のカフェ&Bar

トイレ

温水洗浄便座付きのきれいなトイレが設置されています。

TAKIVILLAGE-LEPO-のトイレ
トイレは男女共用です。

炊事場

炊事場は全ての水道でお湯が使えるので、寒い時期のキャンプにも優しい仕様になっています。

TAKIVILLAGE-LEPO-の炊事場

各水道に洗剤やタワシも置かれていました。

TAKIVILLAGE-LEPO-の炊事場

シャワールーム

温水のシャワールームが3つ設置されています。

TAKIVILLAGE-LEPO-のシャワールーム

料金は15分300円(1人)

シャンプーやボディーソープが置かれているのも嬉しいポイント。

TAKIVILLAGE-LEPO-のシャワールーム

灰捨て場

管理棟前に置かれた一輪車が灰捨て場になっています。

TAKIVILLAGE-LEPO-の灰捨て場

TAKIVILLAGE-LEPO-の周辺施設

おおたきショッピングプラザ オリブ

キャンプ場近くで食材を調達するなら、おおたきショッピングプラザ。

おおたきショッピングプラザ オリブ

100円ショップのキャンドゥ、スーパーのいなげや、お肉、水産、青果、お酒の専門店などが入っています。

ほとんどの食材はこちらで調達可能。

奮発して購入したミスジステーキは絶品でした。

奮発して購入したミスジステーキは絶品でした。

BBQセットなどキャンパー向けのメニューも販売されていました。

BBQセットなどキャンパー向けのメニュー

歩いていける距離にはホームセンターのコメリや、薬局などもあります。

道の駅むつざわ つどいの郷

道の駅むつざわ つどいの郷

温泉や市場が併設された道の駅。

市場には千葉県産の野菜やお酒などが販売されています。

その中で特に目を引いたのが最高級ジビエ。

道の駅むつざわ つどいの郷で売られている最高級ジビエ

私は帰り道の温泉として利用しましたが、次はキャンプ前に立ち寄りたいと思います。

道を挟んで反対側にはスーパー、薬局、ホームセンターもあるので、必要なものはこの一角だけで全て調達できそうです。

道の駅むつざわ つどいの郷の道を挟んで反対側にはスーパー、薬局、ホームセンターもあります。

TAKIVILLAGE-LEPO- まとめ!

今回は『TAKIVILLAGE-LEPO-』(タキビレッジ-レポ-)を紹介させていただきました。

併設されたサウナやカフェ&Barでいつもと違うキャンプを過ごすも良し。

手ぶらキャンププランはキャンプ初心者やグループに。

フリーサイトは静かに過ごしたいソロキャンパーにおすすめです。

満天の星空や、里山に昇る朝日が素敵なキャンプ場。

気になった方は、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

暖かい時期になりキャンプ場は虫も増えてきました。

キャンプに行かれる方は虫除け対策をお忘れなく。

【夏キャンプの虫除け対策は総合力で勝負】虫除けおすすめアイテム7選個人的に夏キャンプで1番気になるのは、とにかく鬱陶しい虫が増えること。虫に刺されてキャンプの楽しさが半減し、夏の思い出が台無し。 そんなことにならないように、今年の夏は虫除け対策の準備をしてからキャンプに出かけましょう。...

夏キャンプに必須の暑さ対策は【夏キャンプを快適に楽しもう】暑さ対策と涼しく過ごすためのおすすめアイテム10選で紹介しています。

【夏キャンプを快適に楽しもう】暑さ対策と涼しく過ごすためのおすすめアイテム10選開放感があり楽しい夏ですが、日中は汗だくになり夜は暑くて寝苦しくキャンプをする上で最も過酷な季節。今回は灼熱の夏キャンプを快適に過ごすための暑さ対策とおすすめアイテム10選を紹介します。しっかり対策をすることで、楽しい夏の思い出を作りましょう。...
【1泊2日のキャンプにハードクーラーは不要?】軽くて保冷力の高いおすすめソフトクーラー7選1泊2日のキャンプの必需品といえばクーラーボックス。夏キャンプでは熱中症や食中毒を防ぐためにも、特に重要なギアの一つです。この記事ではソフトクーラーを使うメリット・デメリットと、おすすめのソフトクーラーボックス7選を紹介します。...
【クーラーボックスの保冷力を長持ちさせる】7つのポイントとおすすめの保冷剤3選夏キャンプを快適に楽しむために必須なのが暑さ対策。その中でも冷たい飲み物の確保や、食材を腐らせないために保冷はとても重要です。この記事ではクーラーボックスの保冷力を長持ちさせるコツを紹介。しっかりと対策をして楽しい夏の思い出を作りましょう。...

千葉県のその他のキャンプ場の記事も書いています。

こちらもよろしければご覧ください。

【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選キャンプ芸人として有名なヒロシさんの冠番組が『ヒロシのぼっちキャンプ』(BS-TBS)ヒロシさんが各地のキャンプ場を訪れて、自由な “ぼっちキャンプ” の魅力を紹介する番組です。今回はロケ地の中で都心からもアクセス良好な千葉県のキャンプ場を紹介していきます。...
【都心からもアクセス良好】千葉県で予約不要(当日予約も可)のキャンプ場7選千葉県にキャンプ場はたくさんあるのですが、その多くは予約が必要になっています。しかし予約不要でなくても、当日予約でキャンプに行ければOK。ということで今回は予約不要のキャンプ場、実際に当日でも予約が取れたキャンプ場を紹介していきます。...
【海の絶景や釣りが格安で楽しめる千葉の穴場】大房岬自然公園キャンプ場(南房総市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県南房総市にある『大房岬自然公園キャンプ場』利用料金はテント1張り630円と格安ながら歩いて行ける海では釣りが楽しめ、展望台からは絶景の夕日を見ることもできる。最低限の設備は整った穴場キャンプ場です。...
【景色と星空がきれいな林間サイト】ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県君津市にある『ホウリーウッズ久留里キャンプ村』撮影のロケ地にも使われるほど、景色がきれいな林間サイト。都心からのアクセスも良好。(約90分)夜は満点の星空がとてもきれいなキャンプ場でした。...
【近くの海は日の出の穴場】しおさいキャンプフィールド(南房総市)夏にはプールも!千葉県南房総市にある『しおさいキャンプフィールド』敷地内に併設されたホテルの大浴場やトイレ、夏には屋外プールなどの設備も利用可能な珍しいキャンプ場。キャンプ場から歩いて行ける三島海岸は日の出の穴場スポットで、日中はサーフィンや釣りなども楽しむことができます。...
【広大な敷地の芝生サイトが魅力】成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県成田市にある『成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場』。キャンプ場名からも分かるように、牧場が併設されたお子さん連れのファミリーに人気のキャンプ場です。利用者のマナーが気になる出来事もありましたが個人的にはもう一度行きたいキャンプ場です。...

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
キャンプをクリックで応援頂けたら嬉しいです。

【廃盤から復活!ファイアグリルsoloをレビュー】炭火調理もしやすい小型の焚き火台(UNIFLAME)今回のキャンプギア紹介は、UNIFLAMEの『ファイアグリルsolo』焚き火台の定番商品として親しまれているUNIFLAMEファイアグリルが、形状はそのままにコンパクトになったソロ用の焚き火台です。この記事ではファイアグリルsoloの魅力や気になる点を徹底レビューしていきます。...
イワタニジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー!合わせて使えるおすすめ商品も!キャンプで定番のシングルバーナーといえばイワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』。定番として多くの人に使われるには理由があるということで、今回は実際に約3年使用したジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー。合わせてジュニアコンパクトバーナーがさらに使いやすくなる、おすすめの商品も紹介していきますよ。...
【テーブルでも地面でも使えてコンパクト】パックアウェイランタンスタンドをレビュー(コールマン)今回のキャンプギア紹介は、コールマンの『パックアウェイランタンスタンド』地面にさしてもテーブルに付けても使える2WAY仕様。コンパクトさと汎用性の高さが魅力。この記事ではパックアウェイランタンスタンドのおすすめポイントや、気になる点を徹底レビューしていきます。...
【フュアーハンドランタン276を徹底レビュー】無骨でお洒落なオイルランタンの定番長年にわたり多くのキャンパーに愛用されているオイルランタンといえば『フュアーハンドランタン』私もフュアーハンドランタン276ジンクカラーを愛用していますが、間違いなく買ってよかったキャンプギアの一つです。この記事ではフュアーハンドランタンを徹底レビューしていきます。...
【角型と蓋が使いやすい】キャプテンスタッグのステンレス角型ラーメンクッカー1.3Lをレビュー今回のキャンプギア紹介は、キャプテンスタッグの『ステンレス角型ラーメンクッカー1.3L』角型の形状と湯切り穴付きの蓋が様々な用途に使えるおすすめのクッカーです。この記事では、ステンレス角形ラーメンクッカー1.3Lのおすすめポイントや、気になる点を徹底レビューしていきます。...
【すべてのオートキャンパーにおすすめ!】スノーピークの焚き火台を徹底レビュー数ある焚き火台の中でも長きにわたり多くのキャンパーに愛される焚き火台といえばスノーピークの焚き火台。今回はスノーピーク焚き火台のメリット、デメリットをおすすめのLサイズを中心に徹底レビューしていきます。...
ABOUT ME
かぶぞう
東京在住キャンパー。田舎育ちで小さい頃から川辺での釣りと焚き火、野宿を楽しむ。上京してから自然の中で過ごすことの良さを改めて感じキャンプにハマる。キャンプ歴10年以上。ブログでは関東のキャンプ場とキャンプギアを中心に紹介。スノーピークと高コスパのギア好き。