関東キャンプ場紹介 当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選

キャンプ芸人として有名なヒロシさんの冠番組が『ヒロシのぼっちキャンプ』(BS-TBS)

ヒロシさんが各地のキャンプ場を訪れて、自由な “ぼっちキャンプ” の魅力を紹介する番組です。

ヒロシさんのキャンプが楽しいのはもちろんですが、この番組のロケ地は実際に訪れたくなる素敵なキャンプ場がたくさん

今回はロケ地の中で都心からもアクセス良好な千葉県のキャンプ場を紹介していきます。

ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場(千葉県)

オートキャンプ・フルーツ村

千葉県君津市にあるキャンプ場で、都心からのアクセスも良好。(約90分)

大自然の中にある林間サイト川沿いサイト草地サイトなど豊富なキャンプサイトが魅力のキャンプ場です。

ヒロシさんは栗の木が生えたエリアの、C10サイトでハンモックを張って利用していました。

オートキャンプフルーツ村 ヒロシさんが利用したC10サイト

夏でも涼しい林間サイトエリアや、日当たりの良い草地エリアがあり季節を問わずに楽しめるキャンプ場です。

オートキャンプフルーツ村Bサイト〜C5サイト(林間サイト) オートキャンプフルーツ村Fサイト(日当たりの良い草地サイト)
住所 千葉県君津市旅名96
営業期間 通年営業
チェックイン 12:00〜
チェックアウト 〜12:00
電話番号 0439-38-2255
予約方法 電話(AM8:00~PM6:00 )
公式HPからネット予約
利用料金 オートサイト5,000円
電源付きオートサイト6,000円
(平日限定ソロキャンプ割引あり)
公式HP オートキャンプ・フルーツ村HP
平日限定でソロキャンプ3,000円(電源サイトは4,000円)と、ソロキャンプ料金があるのも嬉しいポイント。

オートキャンプ・フルーツ村についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【大自然の中に遊び心が溢れるキャンプ場】オートキャンプ・フルーツ村(千葉県)ソロにもおすすめ!千葉県君津市にある『オートキャンプ・フルーツ村』大自然の中にある林間サイト、川沿いサイト、草地サイトなど豊富なキャンプサイトが魅力のキャンプ場です。ファミリーを対象としたキャンプ場ですが、キャンプ芸人のヒロシさんも訪れたキャンプ場で、ソロキャンプにもおすすめです。...

放送回はヒロシのぼっちキャンプシーズン2、エピソード13『俺の憧れを集めて』エピソード14『抱きしめてトゥナイト』

動画はアマゾンプライムビデオで視聴することができます。

撮影で使用していたヒロシさん愛用のキャンプギア

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の看板

千葉県蝦夷郡大多喜町にあるキャンプ場で、都心からのアクセスも良好。(約90分)

竹林に囲まれたキャンプ場で、プライベート感のあるサイトが魅力。

キャンプ場内の竹は、自由に切り倒して使うことができます。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場内の竹は自由に使える
住所 千葉県夷隅郡大多喜町三又1051-1
営業期間 通年営業
チェックイン 13:00〜17:00
アーリーチェックイン不可
チェックアウト 〜11:00
電話番号 090-3690-5840
予約方法 なっぷから予約
利用料金 オートサイト4,500円〜
ソロキャンプ4,000円〜
公式HP なし

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【竹を自由に使える千葉の穴場】グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県蝦夷郡大多喜町にある『グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場』竹林に囲まれたキャンプ場で、プライベート感のあるサイトが魅力。キャンプ芸人のヒロシさんもロケで訪れたソロにもファミリーにもおすすめのキャンプ場です。...

放送回はヒロシのぼっちキャンプシーズン3、エピソード27『ヒロシの竹林キャンプ』エピソード28『夜が俺を包んだなら』

アマゾンプライムビデオで視聴することができます。

撮影で使用していたヒロシさん愛用のキャンプギア

勝古沢(かっこざわ)キャンプ場

勝古沢キャンプ場受付

千葉県長柄町にあるキャンプ場で、都心からのアクセスも良好。(約60分)

自分で作れば薪が無料

今では珍しい直火での焚き火も楽しめるキャンプ場です。

ヒロシさんが利用していた林間のフリーサイトは車の乗り入れ不可。

勝古沢キャンプ場(メインキャンプ場)フリーサイト③その2

受付近くの一部がオートサイトになっています。

勝古沢キャンプ場オートサイト

公式HPもない穴場キャンプ場です。

住所 千葉県長生郡長柄町山之郷21-2
営業期間 通年営業(火曜日は定休日)
チェックイン 13:00
アーリーチェックイン 10:00(1名につき+500円)
チェックアウト 11:00
レイトチェックアウト 17:00(火曜日、繁忙期は不可)
場内受付営業時間 9:00〜19:00
電話番号 0475-35-3629
090-2413-8883
予約方法 電話
予約受付時間 9:00〜17:00(時間厳守)
利用料金 大人1人:1,000円 子供1人:500円
テント一張:ソロ2,000円
ファミリー(2~3人)3,000円
ファミリー(4~5人)4,000円
ファミリー(6人以上)5,000円
バンガロー小:7,000円
バンガロー大(15名)15,000円
タープ:1,500円
ハンモック:2,000円

勝古沢キャンプ場についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

【直火OKで自分で作れば薪も無料】公式サイトもない千葉の穴場!勝古沢(かっこざわ)キャンプ場今回のキャンプ場紹介は、千葉県長柄町にある『勝古沢(かっこざわ)キャンプ場』今では珍しい直火OKのキャンプ場で、自分で薪を作ることも出来ます。都心から車で約1時間とアクセスも良好。公式サイトもないキャンプ場でしたが、まさに穴場と言えるリピート確定のキャンプ場でした。...

放送回はヒロシのぼっちキャンプシーズン3、エピソード47『風の森に揺れて』エピソード48『真夏の夜 俺の脈拍』

動画はアマゾンプライムビデオで視聴することができます。

撮影で使用していたヒロシさん愛用のキャンプギア

TAKIVILLAGE(タキビレッジ)

(引用:TAKIVILLAGE公式HP

千葉県いすみ市にあるキャンプ場で、都心からのアクセスも良好。(約90分)

グランピングからブッシュクラフトエリアまで、キャンプ初心者、ベテラン問わずに楽しめるキャンプ場です。

(引用:TAKIVILLAGE公式HP

ヒロシさんが利用したのは、野営に近い形で楽しめるブッシュクラフトエリア。

(引用:TAKIVILLAGE公式HP

ブッシュクラフトエリアは1日1組限定です。
住所 千葉県いすみ市国府台459-2
営業期間 通年営業(一部の平日で定休日あり)
チェックイン 14:00〜17:00
チェックアウト 10:30
電話番号 080-4202-5834
予約方法 なっぷから予約
利用料金 フリーサイト3,000円〜/1人
ブッシュクラフトエリア3,000円〜/1人
詳しくは公式HPを参照
公式HP TAKIVILLAGE公式HP

放送回はヒロシのぼっちキャンプシーズン4、エピソード55『いつか遊んだ裏山の森へ』エピソード56『秋は俺のテント越しに透けて』

動画はアマゾンプライムビデオで視聴することができます。

タキビレッジにはサウナ付きの姉妹店タキビレッジ-レポ-もあります。

【夜には満天の星空】千葉県のサウナ付きキャンプ場タキビレッジ-レポ-(いすみ市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県いすみ市にある『TAKIVILLAGE-LEPO-』(タキビレッジ-レポ-)敷地内にサウナやカフェが併設されたキャンプ場で、晴れた日の夜には満天の星空が広がります。都心からのアクセスも良好(約80分)フリーサイトはソロキャンプに、手ぶらでキャンププランはキャンプ初心者やグループキャンプにおすすめです。...

撮影で使用していたヒロシさん愛用のキャンプギア

キャンプ番長 ASAHI BASE

(引用:なっぷ

千葉県旭市にあるキャンプ場で、都心からの所要時間は約120分。

2021年4月にオープンした新しいキャンプ場で、自然豊かな森に広がる手作りのキャンプサイトと池が魅力のキャンプ場です。

ヒロシさんは池が見えるウッドデッキのサイトを利用していました。

(引用:なっぷ

歩いていける距離には、映画のロケ地としても有名な飯岡灯台もありますよ。

(引用:なっぷ )

住所 千葉県旭市上永井1255
営業期間 通年営業
チェックイン 14:00
チェックアウト 11:00
予約方法 なっぷから予約
利用料金 フリーサイト3,000円〜/1人
ブッシュクラフト2,500円〜/1人
詳しくはなっぷを参照

放送回はヒロシのぼっちキャンプシーズン5、エピソード81『千葉 俺の居場所を探して』エピソード82『池のほとりで過ごす夜には』

動画はアマゾンプライムビデオで視聴することができます。

撮影で使用していたヒロシさん愛用のキャンプギア

ヒロシのぼっちキャンプロケ地(千葉県)まとめ!

今回は『ヒロシのぼっちキャンプ』で訪れたキャンプ場(千葉県)を紹介させていただきました。

私が実際に行ったいくつかのキャンプ場でお話をお伺いしたところ、放送後の反響がとても大きかったそうです。

マナーの良いソロキャンパーの利用者が増えたというお話を聞き、ヒロシさんの偉大さを感じました。

またぼっちキャンプというコンセプトの中でロケをしていることもあり、私が利用した時も他の利用者と適度な距離感をとってキャンプを楽しむことができました。

気になるキャンプ場があった方はぜひ一度行ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

秋や冬キャンプの夜は想像以上に冷えるので、防寒対策をお忘れなく。

秋冬キャンプの寒い夜には湯たんぽが最適!おすすめ湯たんぽ5選!!秋や冬キャンプの夜はとても冷えます。キャンプサイトでは焚き火で暖をとれますが、寝る時は想像以上に冷え込むことも。私も初めての冬キャンプは寒くて眠れませんでした。寝る少し前に寝袋の中に入れておけば、最初から温まった状態で眠ることが出来ます。この秋冬でキャンプに行かれる方は、お一つ用意してみてはいかがでしょうか?...

【秋冬キャンプを暖かく快適に】おすすめの難燃チェアカバー5選!寒さと火の粉をガード秋冬キャンプはチェアに座っていると、地面や背中からじんわりと寒さを感じる季節。そして焚き火の暖かさが心地よい季節でもあります。今回はお手持ちのチェアに被せるだけで暖かく、焚き火の火の粉から大切なチェアを守れる『おすすめの難燃チェアカバー5選』を紹介します。...
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』『SUBU NANNEN』は、柔らかくてふかふかな履き心地。 サンダルなのに暖かく、難燃素材で火の粉にも強い。焚き火に使える『冬キャンプにおすすめのサンダル』です。秋冬キャンプの寒い夜でもSUBUのサンダルで過ごせば、きっといつもよりリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。...

 

千葉県のその他のキャンプ場の記事も書いています。

こちらもよろしければご覧ください。

【海の絶景や釣りが格安で楽しめる千葉の穴場】大房岬自然公園キャンプ場(南房総市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県南房総市にある『大房岬自然公園キャンプ場』利用料金はテント1張り630円と格安ながら歩いて行ける海では釣りが楽しめ、展望台からは絶景の夕日を見ることもできる。最低限の設備は整った穴場キャンプ場です。...
【景色と星空がきれいな林間サイト】ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県君津市にある『ホウリーウッズ久留里キャンプ村』撮影のロケ地にも使われるほど、景色がきれいな林間サイト。都心からのアクセスも良好。(約90分)夜は満点の星空がとてもきれいなキャンプ場でした。...
お台場海浜庭園の夕焼けと富士山
【海と釣りと絶景が味わえるキャンプ場】お台場海浜庭園キャンプ場(千葉県館山市)晴れた穏やかな日には対岸に富士山を。沈む夕日に満点の星空が望める、絶景のキャンプ場。しかし運わるく雨、風が強くなると地獄のような環境に。そんな地獄を味わっても何度でも行きたくなる『お台場海浜庭園キャンプ場』のご紹介。都心から車で約2時間とアクセスも良好。...
【広大な敷地の芝生サイトが魅力】成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県成田市にある『成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場』。キャンプ場名からも分かるように、牧場が併設されたお子さん連れのファミリーに人気のキャンプ場です。利用者のマナーが気になる出来事もありましたが個人的にはもう一度行きたいキャンプ場です。...

キャンプをクリックで応援頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
【すべてのオートキャンパーにおすすめ!】スノーピークの焚き火台を徹底レビュー数ある焚き火台の中でも長きにわたり多くのキャンパーに愛される焚き火台といえばスノーピークの焚き火台。今回はスノーピーク焚き火台のメリット、デメリットをおすすめのLサイズを中心に徹底レビューしていきます。...
イワタニジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー!合わせて使えるおすすめ商品も!キャンプで定番のシングルバーナーといえばイワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』。定番として多くの人に使われるには理由があるということで、今回は実際に約3年使用したジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー。合わせてジュニアコンパクトバーナーがさらに使いやすくなる、おすすめの商品も紹介していきますよ。...
【廃盤から復活!ファイアグリルsoloをレビュー】炭火調理もしやすい小型の焚き火台(UNIFLAME)今回のキャンプギア紹介は、UNIFLAMEの『ファイアグリルsolo』焚き火台の定番商品として親しまれているUNIFLAMEファイアグリルが、形状はそのままにコンパクトになったソロ用の焚き火台です。この記事ではファイアグリルsoloの魅力や気になる点を徹底レビューしていきます。...
【大迫力の富士山と精進湖の絶景キャンプ場】精進レークサイドキャンプ場(山梨県)今回のキャンプ場紹介は、山梨県富士河口湖町にある『精進レークサイドキャンプ場』2022年11月にオープンした新しいキャンプ場で、富士山と精進湖が一望できる絶景が魅力です。サイト数は全部で9区画と大きいキャンプ場ではありませんが、その分静かにのんびり過ごすことができます。...
【甲府盆地の夜景を最前列から一望できる】おそとのてらす南アルプス(山梨県)今回のキャンプ場紹介は、山梨県南アルプス市にある『おそとのてらす南アルプス』2023年にオープンした新しいキャンプ場で、甲府盆地の夜景や朝日と富士山を一望できる絶景が魅力。設備がきれいでスタッフの方も優しい人ばかりなので、初めてのキャンプでも安心のキャンプ場です。...
ABOUT ME
かぶぞう
東京在住キャンパー。田舎育ちで小さい頃から川辺での釣りと焚き火、野宿を楽しむ。上京してから自然の中で過ごすことの良さを改めて感じキャンプにハマる。キャンプ歴10年以上。ブログでは関東のキャンプ場とキャンプギアを中心に紹介。スノーピークと高コスパのギア好き。