関東キャンプ場紹介 当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

【竹を自由に使える千葉の穴場】グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場(千葉県)

今回のキャンプ場紹介は、千葉県蝦夷郡大多喜町にあるグリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場

竹林に囲まれたキャンプ場で、プライベート感のあるサイトが魅力。

キャンプ場内の竹は、自由に切り倒して使うことができます。

都心から車で約90分とアクセスも良好。

キャンプ芸人のヒロシさんもロケで訪れたソロにもファミリーにもおすすめのキャンプ場です。

この記事を読むことで、グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の

  • 利用料金などの基本情報
  • 場内の設備
  • 魅力や注意点

を知ることができます。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の基本情報

住所 千葉県夷隅郡大多喜町三又1051-1
営業期間 通年営業
チェックイン 13:00〜17:00
アーリーチェックイン不可
チェックアウト 〜11:00
電話番号 090-3690-5840
予約方法 なっぷから予約
利用料金 オートサイト4,500円〜
ソロキャンプ4,000円〜
公式HP なし

立地やアクセス

都心から約90分とアクセス良好。

圏央道・市原鶴舞ICから18km、車で約35分。

私がGoogleマップで行ったときはキャンプ場の近くで案内を終了してしまったので、キャンプ場までの行き方を紹介します。

市原鶴舞ICからはGoogleマップに従い国道297号(大多喜街道)を進みます。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の看板が見えたら左に曲がります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の看板

看板手前にある、カエム農園(農産物直売所)が目印として分かりやすいです。

看板手前にあるカエム農園(農産物直売所)が目印

左折後は行き違いできないくらい道幅が狭くなっているので運転に注意。

最初の分岐を道なりに進みます。(どちらからも行けますが直進の方が分かりやすいです)

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場に向かう最初の分岐を道なりに進みます。

突き当たりを右に曲がります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場に向かう道の突き当たりを右に曲がります

左手に看板が見えたら右に曲がります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場受付入り口の看板 グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場受付入り口の看板が見えたら右に進みます

曲がって右側に管理棟があるので、空いている場所に車をとめて受付をします。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟

ご利用の流れ

管理人さんが常に受付にいるわけではないので、人がいない場合は管理人さんの携帯(090-3690-5840)に電話をかけましょう。

電話番号は管理棟のドアにも書かれています。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟ドアに書かれた電話番号

受付後は管理人さんがおすすめのキャンプサイトまで直接案内してくれるので、とても分かりやすいです。

受付は和気あいあいとした雰囲気で、ゴミ袋だけでなく蚊取り線香まで頂きました。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で頂いた蚊取り線香

受付が終了したら竹林キャンプを存分に満喫しましょう。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の魅力

キャンプ場内の竹は自由に使える

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場内の竹は自由に使える

管理人さんに確認したところキャンプ場内の竹はケガだけ注意してくれれば、自由に切り倒して使っていいとの事です。

切り倒した竹を使って、竹の器を作る。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で切り倒した竹を使って器を作る

竹を使って炊飯をしたりと使い道は様々。

竹を使って炊飯 竹を使って炊飯

竹はノコギリナイフがあれば初めてでも簡単に加工を楽しむことができますよ。

竹はノコギリとナイフがあれば初めてでも簡単に加工を楽しむことができます

プライベート感のあるキャンプサイト

キャンプサイトは竹で区切られていて、プライベートを確保できます。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場はプライベート感のあるキャンプサイト

周囲の目を気にせずにキャンプを楽しみたい人には特におすすめです。

竹林から見える景色

竹林にはいつもの林間サイトとは違った良さがあります。

キャンプ当日はあいにくの雨でしたが、竹の隙間から漏れる光はとても落ち着く景色でした。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場、キャンプサイトから見える景色

翌日には雨もあがり、竹林の間から見える青空はなんともいえない風情を感じることができました。

竹林の間から見える青空

ワンちゃん、ネコちゃんに癒される

キャンプ場内では管理人さんが散歩しているワンちゃんや、管理棟近くにいる人懐っこいネコちゃんと触れ合うことができました。

ワンちゃんに癒される ネコちゃんに癒される

ホーリーウッズ久留里キャンプ村のワンちゃんや、勝古沢キャンプ場のネコちゃんなど、かわいい動物との触れ合いはそれだけで癒しになりますね。

ウグイスなどの鳥のさえずりも魅力です。

季節ごとのイベントや日本の原風景が楽しめる

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場では、季節ごとのイベントが楽しめます。

竹の子狩体験(4月中旬〜5月上旬)、流しそうめんなど。

キャンプ場内の水路から続く近くの田んぼでは、時期によってが見れたりザリガニ釣りもできます。

キャンプ場内の水路から続く近くの田んぼでは、時期によって蛍が見れたりザリガニ釣りもできます。

日本の原風景を味わいたい人や、イベントを楽しみたいファミリーにも魅力的なキャンプ場です。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の注意点

暖かい時期は虫が多い

暖かい時期は虫が多いです。

虫除けスプレーや蚊取り線香など、虫除け対策はしっかりとしていきましょう。

竹林の中は蜘蛛の巣がはっている所も多い

竹林の中は蜘蛛の巣がはっている所も多いので、移動時には注意が必要です。

カエルの鳴き声

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の周辺は、田んぼが広がるのどかな環境です。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の周辺は、田んぼが広がるのどかな環境

季節や天候にもよりますが、カエルが合唱を始めるとキャンプ場の中まで聞こえてきます。

私が行ったときは雨音がかき消してくれましたが、暑い時期の夜は注意が必要です。

設備の感じ方は人それぞれ

感じ方は人それぞれですが設備はお世辞にもきれいとは言えません。

十分使えるレベルという印象です。

高規格なキャンプ場に慣れている方は覚悟して行きましょう。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の設備

トイレ

場所によって和式トイレ、洋式トイレがあります。

全てのトイレがきれいとは言いづらいですが、利用人数に対して数は十分。

きれいなトイレが良い方は管理棟内か、管理棟外の洋式トイレが利用しやすいです。

管理棟内のトイレ

管理棟内のトイレは洋式と和式が一個づつ。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟内の洋式トイレ グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟内の和式トイレ

管理棟外のトイレ

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟街の洋式トイレ グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟街の和式トイレ

洋式トイレの前には鏡つきの洗面所もあります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の洗面所

炊事場横のトイレ

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の筋場横の和式トイレ

炊事場

管理棟前の炊事場

右側の水道からはお湯も出ます。

寒い時期のキャンプには嬉しいポイント。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の管理棟前の炊事場

キャンプサイト近くの炊事場

1箇所に蛇口が2つありますが、私が行った時はどちらもお湯は出ませんでした。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場のキャンプサイト近くの炊事場

灰捨て場・ゴミ捨て場

灰捨て場・ゴミ捨て場は管理棟前にあります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の灰捨て場 グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場のゴミ捨て場

ゴミは受付時にもらうゴミ袋を使用。

キャンプサイトの場所によっては灰捨て場まで距離があるので、火消し壺火消し袋があると便利です。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場のサイト紹介

利用者がいたので全てではありませんが、キャンプサイトを紹介します。

ヒロシさんが実際に使ったサイトは人気があるみたいで、利用中の方がいらっしゃいました。

キャンプサイト①

私が利用したキャンプサイト。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場のキャンプサイト①

椅子やバケツが置かれていましたが、使用しないものはテントの後ろに移動。

椅子やバケツが置かれていましたが、使用しないものはテントの後ろに移動

ソロなら雨が降っても平気なサイズの屋根が設置されていたので、そのまま利用しました。

設営時の一時的な荷物置きや、雨宿りにも便利です。

ソロなら雨が降っても平気なサイズの屋根

階段下のサイトなので車の横付けは不可ですが、車までは徒歩30秒ほどです。

階段下のサイトなので車の横付けは不可

キャンプサイト②

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場のキャンプサイト②

サイト①の上段にあるキャンプサイト。

下段サイトよりも少し大きめの屋根が設置されています。

下段サイトよりも少し大きめの屋根が設置されています

サイトの入り口に手製のブランコがあります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場のブランコ

キャンプサイト③

管理棟裏にあるキャンプサイト。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場、管理棟の裏にあるキャンプサイト

広い区画の中に竹でプライベートが確保された空間がいくつかありました。

広い区画の中に竹でプライベートが確保された空間がいくつかありました

グループでも広々使えそうなサイズの区画も。

グループでも広々使えそうなサイズの区画

今回撮影できたのは3サイトのみですが、キャンプ場内には他にも素敵なサイトがありました。

どのキャンプサイトを利用しても竹林は満喫することができますよ。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場の周辺施設

道の駅 たけゆらの里おおたき

いのしし肉の看板に惹かれて立ち寄った道の駅。

道の駅 たけゆらの里おおたき

ここだけで全ての食材を揃えることは難しいですが、いのしし肉や地元のお酒などが販売されています。

道の駅 たけゆらの里おおたき いのしし肉の販売 道の駅 たけゆらの里おおたき 地元のお酒の販売

カフェや食堂も併設されています。

道の駅 たけゆらの里おおたき カフェや食堂も併設

ナフコ 大多喜店

はもちろん、キャンプ用品の品揃えが豊富なホームセンター。

ナフコ 大多喜店

ここだけでキャンプに必要なもの全て揃います。

薪や炭の調達だけでなく忘れ物をしたときや、新しいキャンプギアが欲しいときにおすすめです。

ナフコ大多喜店は薪や炭も豊富 ナフコ大多喜店はキャンプ用品の品揃えが豊富

おおたきショッピングプラザ オリブ

キャンプ場近くで食材を調達するなら、おおたきショッピングプラザ。

おおたきショッピングプラザ オリブ

100円ショップのキャンドゥ、スーパーのいなげや、お肉、水産、青果、お酒の専門店などが入っています。

ほとんどの食材はこちらで調達可能です。

お昼過ぎに行ったら割引品も多数あり、お得に購入することができました。

おおたきショッピングプラザオリブで買った食材

BBQセットなどキャンパー向けのメニューも販売されていました。

BBQセットなどキャンパー向けのメニュー

歩いていける距離にホームセンターのコメリや、薬局などもあります。

この一角で必要なものを調達するのが時間効率は良さそうです。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場 まとめ!

今回は『グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場』を紹介させていただきました。

竹林に囲まれたプライベート感を味わえるサイトと、竹の加工を楽しめるのが魅力。

管理人さんがおしゃべり好きで、分からないことは優しく教えてくれます。

最近の高規格のキャンプ場と比べると設備はきれいとは言えませんが、それを差し置いてもリピートしたい魅力のあるキャンプ場でした。

竹林キャンプを満喫したい方は、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

秋や冬キャンプの夜は想像以上に冷えるので、防寒対策をお忘れなく。

秋冬キャンプの寒い夜には湯たんぽが最適!おすすめ湯たんぽ5選!!秋や冬キャンプの夜はとても冷えます。キャンプサイトでは焚き火で暖をとれますが、寝る時は想像以上に冷え込むことも。私も初めての冬キャンプは寒くて眠れませんでした。寝る少し前に寝袋の中に入れておけば、最初から温まった状態で眠ることが出来ます。この秋冬でキャンプに行かれる方は、お一つ用意してみてはいかがでしょうか?...

【秋冬キャンプを暖かく快適に】おすすめの難燃チェアカバー5選!寒さと火の粉をガード秋冬キャンプはチェアに座っていると、地面や背中からじんわりと寒さを感じる季節。そして焚き火の暖かさが心地よい季節でもあります。今回はお手持ちのチェアに被せるだけで暖かく、焚き火の火の粉から大切なチェアを守れる『おすすめの難燃チェアカバー5選』を紹介します。...
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』
【SUBU 難燃サンダル レビュー】焚き火に使える冬の快適キャンプサンダル『NANNEN』『SUBU NANNEN』は、柔らかくてふかふかな履き心地。 サンダルなのに暖かく、難燃素材で火の粉にも強い。焚き火に使える『冬キャンプにおすすめのサンダル』です。秋冬キャンプの寒い夜でもSUBUのサンダルで過ごせば、きっといつもよりリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。...

 

【1泊2日のキャンプにハードクーラーは不要?】軽くて保冷力の高いおすすめソフトクーラー7選1泊2日のキャンプの必需品といえばクーラーボックス。夏キャンプでは熱中症や食中毒を防ぐためにも、特に重要なギアの一つです。この記事ではソフトクーラーを使うメリット・デメリットと、おすすめのソフトクーラーボックス7選を紹介します。...

ヒロシのぼっちキャンプ千葉県のロケ地はこちらの記事で紹介しています。

【千葉県のロケ地を紹介】ヒロシのぼっちキャンプで訪れたキャンプ場5選キャンプ芸人として有名なヒロシさんの冠番組が『ヒロシのぼっちキャンプ』(BS-TBS)ヒロシさんが各地のキャンプ場を訪れて、自由な “ぼっちキャンプ” の魅力を紹介する番組です。今回はロケ地の中で都心からもアクセス良好な千葉県のキャンプ場を紹介していきます。...

その他のキャンプ場の記事も書いています。

こちらもよろしければご覧ください。

【都心からもアクセス良好】千葉県で予約不要(当日予約も可)のキャンプ場7選千葉県にキャンプ場はたくさんあるのですが、その多くは予約が必要になっています。しかし予約不要でなくても、当日予約でキャンプに行ければOK。ということで今回は予約不要のキャンプ場、実際に当日でも予約が取れたキャンプ場を紹介していきます。...
【直火OKで自分で作れば薪も無料】公式サイトもない千葉の穴場!勝古沢(かっこざわ)キャンプ場今回のキャンプ場紹介は、千葉県長柄町にある『勝古沢(かっこざわ)キャンプ場』今では珍しい直火OKのキャンプ場で、自分で薪を作ることも出来ます。都心から車で約1時間とアクセスも良好。公式サイトもないキャンプ場でしたが、まさに穴場と言えるリピート確定のキャンプ場でした。...
【景色と星空がきれいな林間サイト】ホウリーウッズ久留里キャンプ村(千葉県)今回のキャンプ場紹介は、千葉県君津市にある『ホウリーウッズ久留里キャンプ村』撮影のロケ地にも使われるほど、景色がきれいな林間サイト。都心からのアクセスも良好。(約90分)夜は満点の星空がとてもきれいなキャンプ場でした。...
【夜には満天の星空】千葉県のサウナ付きキャンプ場タキビレッジ-レポ-(いすみ市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県いすみ市にある『TAKIVILLAGE-LEPO-』(タキビレッジ-レポ-)敷地内にサウナやカフェが併設されたキャンプ場で、晴れた日の夜には満天の星空が広がります。都心からのアクセスも良好(約80分)フリーサイトはソロキャンプに、手ぶらでキャンププランはキャンプ初心者やグループキャンプにおすすめです。...
【海の絶景や釣りが格安で楽しめる千葉の穴場】大房岬自然公園キャンプ場(南房総市)今回のキャンプ場紹介は、千葉県南房総市にある『大房岬自然公園キャンプ場』利用料金はテント1張り630円と格安ながら歩いて行ける海では釣りが楽しめ、展望台からは絶景の夕日を見ることもできる。最低限の設備は整った穴場キャンプ場です。...
お台場海浜庭園の夕焼けと富士山
【海と釣りと絶景が味わえるキャンプ場】お台場海浜庭園キャンプ場(千葉県館山市)晴れた穏やかな日には対岸に富士山を。沈む夕日に満点の星空が望める、絶景のキャンプ場。しかし運わるく雨、風が強くなると地獄のような環境に。そんな地獄を味わっても何度でも行きたくなる『お台場海浜庭園キャンプ場』のご紹介。都心から車で約2時間とアクセスも良好。...
【都心から90分で豊かな自然】予約不要のフリーサイト!滝沢園キャンプ場(神奈川県)
【予約不要のフリーサイト】滝沢園キャンプ場(神奈川県)アーリーチェックインも!皆さん前日や当日に、キャンプに行きたくなったことはありませんか? 今回はそんな時にぴったりのキャンプ場『滝沢園キャンプ場』をご紹介。予約不要のフリーサイト。リーズナブルな利用料金。都心からのアクセスも良好。キャンプ芸人のレジェンド、ヒロシさんも利用すると噂のキャンプ場です。...
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
【すべてのオートキャンパーにおすすめ!】スノーピークの焚き火台を徹底レビュー数ある焚き火台の中でも長きにわたり多くのキャンパーに愛される焚き火台といえばスノーピークの焚き火台。今回はスノーピーク焚き火台のメリット、デメリットをおすすめのLサイズを中心に徹底レビューしていきます。...
【廃盤から復活!ファイアグリルsoloをレビュー】炭火調理もしやすい小型の焚き火台(UNIFLAME)今回のキャンプギア紹介は、UNIFLAMEの『ファイアグリルsolo』焚き火台の定番商品として親しまれているUNIFLAMEファイアグリルが、形状はそのままにコンパクトになったソロ用の焚き火台です。この記事ではファイアグリルsoloの魅力や気になる点を徹底レビューしていきます。...
【軽量コンパクトでコスパ最強】Tokyo Camp焚き火台を徹底レビューこの記事ではTokyo Camp焚き火台を実際に使って感じたおすすめポイント、気になる点をつつみ隠さずレビューしていきます。ピコグリルに似た形状で軽量コンパクトにもかかわらず、約3分の1の4,980円(税込)というコスパの良い価格が魅力の焚き火台です。...
2023年最新版【5000円以下で買える】おすすめスノーピークギア7選スノーピーク好きのキャンパーが、キャンプサイトにあるとテンションの上がる実際に愛用しているギアです。スノーピーク製品は値がはる物が多いですが今回は5000円以下のスノーピークギアをまとめてみました。次のキャンプに向けてお気に入りに加えてみてはいかがでしょうか?...
イワタニジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー!合わせて使えるおすすめ商品も!キャンプで定番のシングルバーナーといえばイワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』。定番として多くの人に使われるには理由があるということで、今回は実際に約3年使用したジュニアコンパクトバーナーを徹底レビュー。合わせてジュニアコンパクトバーナーがさらに使いやすくなる、おすすめの商品も紹介していきますよ。...
ABOUT ME
かぶぞう
東京在住キャンパー。田舎育ちで小さい頃から川辺での釣りと焚き火、野宿を楽しむ。上京してから自然の中で過ごすことの良さを改めて感じキャンプにハマる。キャンプ歴10年以上。ブログでは関東のキャンプ場とキャンプギアを中心に紹介。スノーピークと高コスパのギア好き。